スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISワールドカップ2021/22混合団体第2戦オスロ

スロベニアが敵なしの強さ 日本は4位

2022年3月4日(土)オスロ(NOR)HS134/K120

22nd/29th World Cup Competition

1スロベニア942.9pt
ボガタイ、コス、クリジュナル、ザイツ
2オーストリア867.7pt
クロイツァー、フェットナー、クラマー、クラフト
3ノルウェー866.9pt
ストローム、ヨハンソン、オプセット、グランネル
 
4日本847.5pt
高梨沙羅、佐藤幸椰、伊藤有希、小林陵侑
5ドイツ832.9pt
6フィンランド612.1pt
7ポーランド583.7pt
8カナダ573.6pt

オフィシャル リザルト


1本目の第1グループ。4番目に飛ぶはずの高梨沙羅ではなく5番ビブの選手がゲートに着く。
えっ⁉ どういうこと? 北京オリンピック混合団体の悪夢がよみがえる。
結局は、高梨がリフトに乗り遅れたということで第1グループの一番最後に飛んで一件落着。

日本は1本目を2位で折り返し表彰台の期待も大きかったが、2本目はオーストリア、ノルウェーに逆転を許し結果は4位。
いつもはビタリと決まる小林陵侑のスキーが随分と激しく上下に動いていた通り、数値に表れない良くない風が吹いているらしい。

この風に苦しめられた選手が目立った印象だが、そんな中で別格の力を見せつけたのがスロベニア。
2位オーストリアに75.2ptもの差をつけての圧勝。

五輪前のヴィリンゲンでも62.9pt差をつけて圧勝したが、その時のメンバーはクリネツ、C.プレブツ、ボガタイ、ラニセク。
その際に「今回のメンバー以外でもクリジュナル、コス、ザイツをチョイスしても同等の強さのチームを組めるぐらいにタレントが揃っている」と書いたが、この日の試合はまさにそうで、ボガタイ以外はすべて入れ替わったが強さは全く変わらなかった。

今回のチーム構成は北京五輪の金メダルメンバーが中心ではあったが、P.プレヴツがザイツに替わったがやはり強さは変わらない。
これでこの冬の混合団体は3戦全勝。
シーズン中にもう何試合かやったとしてもスロベニアに勝てるチームは無いと断言できるほどに強さが際立っている。

混合団体 日本の全成績
2012.08.14GPクーシュベル1位伊藤、高梨、葛西、渡瀬
2012.08.18GPヒンターツァルテン2位高梨、岩渕、清水、渡瀬
2012.11.23WCリレハンメル2位伊藤、渡瀬、高梨、竹内
2013.02.24WSCバルディフィエンメ1位伊藤、伊東、高梨、竹内
2013.07.27GPヒンターツァルテン1位伊藤、葛西、高梨、渡瀬
2013.08.14GPクーシュベル2位伊藤、渡瀬、高梨、竹内
2013.12.06WCリレハンメル1位伊藤、伊東、高梨、竹内
2015.02.22WSCファルン3位高梨、葛西、伊藤、竹内
2017.02.26WSCラハティ3位高梨、竹内、伊藤、伊東
2018.09.08GPチャイコフスキー1位丸山、佐藤幸、高梨、小林潤
2019.03.02WSCゼーフェルト5位伊藤、佐藤幸、高梨、小林陵
2019.07.27GPヒンターツァルテン2位丸山、小林潤、高梨、佐藤慧
2021.02.20WCルシュノフ4位丸山、佐藤幸、高梨、小林陵
2021.02.28WSCオーベルストドルフ5位伊藤、佐藤幸、高梨、小林陵
2021.09.12GPチャイコフスキー4位櫻井、渡部陸、宮嶋、伊東
2022.01.28WCヴィリンゲン5位伊藤、中村、岩渕、佐藤幸
2022.02.07OWG北京5位高梨、佐藤幸、伊藤、小林陵
NEWWCオスロ4位高梨、佐藤幸、伊藤、小林陵

WC国別総合順位