スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2019 FISグランプリジャンプ 混合団体第1戦ヒンターツァルテン

ドイツ圧勝 日本は表彰台に返り咲く

2019年7月27日(土) ヒンターツァルテン(GER)HS108/K95 

3rd Grand Prix Competition 

1ドイツ947.8pt
ザイファルト、ガイガー、ライシュ、フライターク
2日本932.3pt
丸山希、小林潤志郎、高梨沙羅、佐藤慧一
3スロベニア927.7pt
クリズナー、P・プレヴツ、ボガタイ、イエラル
 
4オーストリア 
5ノルウェー 
6ロシア 
7チェコ 
8イタリア 

オフィシャル リザルト


 

2012年にクーシュベルでのGPで初開催された混合団体。
その後、WCと世界選手権でも開催され、これが12試合目となるはず。

 

記憶に新しいのは今年3月のゼーフェルトでの世界選手権。
そこで日本は初めて表彰台に立つことができなかった。
ともすれば余興扱いされることもあったこの種目も、2022北京五輪での正式採用が決定したこともあってかゼーフェルトでは各国完全なる本気モード。
今後は、これまでのように結果を出すことは難しくなるだろうと思っていたので、表彰台に返り咲くことができてホントに良かった。

 

 日本の混合団体の成績    
2012.08.14GPクーシュベル1位伊藤、高梨、葛西、渡瀬
2012.08.18GPヒンターツァルテン2位高梨、岩渕、清水、渡瀬
2012.11.23WCリレハンメル2位伊藤、渡瀬、高梨、竹内
2013.02.24WMバルディフィエンメ1位伊藤、伊東、高梨、竹内
2013.07.27GPヒンターツァルテン1位伊藤、葛西、高梨、渡瀬
2013.08.14GPクーシュベル2位伊藤、渡瀬、高梨、竹内
2013.12.06WCリレハンメル1位伊藤、伊東、高梨、竹内
2015.02.22WMファルン3位高梨、葛西、伊藤、竹内
2017.02.26WMラハティ3位高梨、竹内、伊藤、伊東
2018.09.08GPチャイコフスキー1位丸山、佐藤幸、高梨、小林潤
2019.03.02WMゼーフェルト5位伊藤、佐藤幸、高梨、小林陵
2019.07.27GPヒンターツァルテン2位丸山、小林潤、高梨、佐藤慧

 

にしても、ドイツは強い。
男女ともに怪我人が多いドイツではあるが、WC出場13戦、GP出場わずか2戦の19歳のライシュがしっかりと仕事を果たした。
次から次に良い選手が湧き出てくるドイツ。おそるべし。

 

 

コメント