2014/15 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第29戦オスロ

フロイントが破竹の4連勝で首位固め 葛西紀明は6戦ぶりの表彰台

2015年3月15日(日)オスロ(NOR)HS134/K120

① セヴェリン・フロイント(GER) 258.9pt(132.0m 128.0m)
② 葛西 紀明(土屋ホーム) 254.9pt(128.5m 128.5m)
=③ ぺテル・プレヴツ(SLO) 251.5pt(121.5m 134.5m)
=③ カミル・ストッフ(POL) 251.5pt(124.0m 134.0m)

11 栃本 翔平(雪印メグミルク) 234.5pt(127.0m 123.0m)
20 竹内 択(北野建設) 222.3pt(129.5m 121.5m)

36 伊東 大貴(雪印メグミルク) 100.6pt(116.5m)
39 小林 潤志郎(雪印メグミルク) 96.5pt(119.0m)
48 作山 憲斗(北野建設) 81.3pt(107.0m)

 



基本は向かい風。
頻繁に赤くなり、時として追い風に変わる。
飛び終えて不満そうな仕草を見せる選手が目立ったので、ひょっとすると数値とは違う風が吹いているのかな。

 

総合トップをうかがうプレヴツは1本目で17位とまさかの出遅れで思わず両手で顔を(メットを)覆った。
確かに条件は良くない方ではあったけどここまで失速するとはね。
やはり数値に見えない風があったのかな?
万事休すと思いきや、2本目はトップとなるヒルサイズオーバー。
同じく2本目にヒルサイズを飛んだストッフと並んで表彰台を掴み取った。

 

総合トップのフロイントは破竹の4連勝で今季9勝目。
2位プレヴツとの差を94ptに開いた。
2本目はそれほど距離を伸ばせず5位だったけど、その分しっかりとテレマークを入れて逃げ切った。

 

総合3位のシュテファン・クラフトは5位。
1本目は3位だったんだけど2本目は飛距離を伸ばせなかった。
数字の上ではまだ総合タイトル獲得は可能だけど・・・

 

1本目を2位で折り返しワクワクさせてくれた葛西紀明は、その順位をキープ。
飛びぬけた飛距離は出ないものの、踏切から空中への動作がスムーズで観ていて安心感があった。
何よりも、2本ともしっかりとテレマークを決められるようになったのが大きい

葛西の表彰台は約1か月前のビケルスンのフライング以来となる今季6回目。

 

栃本翔平は1本目7位で折り返してびっくりさせてくれた。
長いこと3位ぐらいに名前残っていたしね。
結果は惜しくもトップ10入りならず。
それでも11位は今季最高位。

 

前日の試合後に弱気なコメントを残した伊東大貴。
お得意の飄々としたジョークだと受け取りたいけど・・・
最後のフライングで暗雲を吹き飛ばしてもらいたい。

 

それにしても、この観客の半分、いや3分の1、いや5分の1でいいから女子も観に行ってほしかったよね。
2013年は男女同日開催だったけど(こちら)、もうできないのかな?

 

 

総合順位 (現時点)
セヴェリン・フロイント(GER) 1643
ぺテル・プレヴツ(SLO) 1549
シュテファン・クラフト(AUT) 1468
アンデシュ・ファンネメル(NOR) 1124
ロマン・コウデルカ(CZE) 1104 1up
ミハエル・ハイベック(AUT) 1081 1down
葛西 紀明(JPN) 1060
ルネ・ベルタ(NOR) 748
カミル・ストッフ(POL) 743
10 グレゴア・シュリーレンツァウアー(AUT) 688