スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2021ラハティ男子個人

オーストリアがワンツー 二階堂蓮が6位と健闘

2021年2月11日(木)ラハティ(FIN)HS100/K90

Men’s Normal Hill Individual

 ニクラス・バハリンガー(AUT)263.9pt
 ダーヴィト・ハーゲン(AUT)263.3pt
 ドミニク・ペテル(SUI)261.5pt
 
6 二階堂 蓮(東海大学)250.8pt
25 小林 龍尚(土屋ホーム)218.0pt
30 竹花 大松(土屋ホーム)204.3pt
35 工藤 漱太(雪印メグミルク)102.2pt

オフィシャル リザルト

1本目で5位となった二階堂蓮。2016ルシュノフでの小林陵侑の銅獲得以来となるメダルの期待もかかったけれど、2本目は伸ばせなかった。
それでも、2017パークシティでの伊藤将充の5位以来となる一桁順位。立派な成績だ。

過去の大会男子個人優勝者
2012 エルズルムネイチ・デズマン(SLO)
2013 リベレツヤカ・フバラ(SLO)
2014 バルディフィエンメヤクブ・ヴォルネ(POL)
2015 アルマトイヨハン・アンドレ・フォルファング(NOR)
2016 ルシュノフダヴィト・ジーゲル(GER)
2017 パークシテイビクトール・ポラセク(CZE)
2018 カンデルシュテッグマリウス・リンビーク(NOR)
2019 ラハティトーマス-アーセン・マルケング(NOR)
2020 オーバーヴィーゼンタールピーター・レジンガー(AUT)
タイトルとURLをコピーしました