スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2020オーバーヴィーゼンタール男子個人

オーストリアのレジンガーが金 日本人最高位は14位

2020年3月5日(木)オーバーヴィーゼンタール(GER)HS105/K95

Men’s Normal Hill Individual

ピーター・レジンガー(AUT) 238.3pt
 Sander Vossan エリクセン(NOR) 230.9pt
 Mark・HAFNAR(SLO) 228.5pt
 
14 二階堂 蓮(下川商業高校) 195.9pt
25 小林 龍尚(盛岡中央高校) 178.1pt
35 藤田 慎之介(東海大学) 87.0pt
40 工藤 漱太(下川商業高校)83.5pt

オフィシャル リザルト


 

オーストリアのレジンガーが金。
今年のCOC札幌大会第1戦で8位になったので、ちょっと記憶の片隅には残っていた選手ではあるんだけど…
まぁ、こういうのがあるからCOC札幌大会は楽しい。
下の写真はその時のもの。

 

これでオーストリアは男女揃って金メダル。
今季はシニアも強いけど、ジュニアも強い。

 

 

日本勢最高位は二階堂蓮の14位。
彼の力を持ってしても上位に届かないとは… まぁ、ちょっと条件の厳しい試合ではあったけれど。
藤田慎之介には、ぜひ昨年のリベンジを果たしてもらいたかったけど、なかなかうまくいかないね。

 

過去の大会男子個人優勝者
2012 エルズルムネイチ・デズマン(SLO)
2013 リベレツヤカ・フバラ(SLO)
2014 バルディフィエンメヤクブ・ヴォルネ(POL)
2015 アルマトイヨハン・アンドレ・フォルファング(NOR)
2016 ルシュノフダヴィト・ジーゲル(GER)
2017 パークシテイビクトール・ポラセク(CZE)
2018 カンデルシュテッグマリウス・リンビーク(NOR)
2019 ラハティトーマス-アーセン・マルケング(NOR)

 

コメント