スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2018カンデルシュテッグ 男子個人

リンビークが金 日本勢最高位は栗田力樹の24位

2018年2月1日(木) カンデルシュテッグ(SUI)HS106/K95 

Men’s Normal Hill Individual

 マリウス・リンビーク(NOR) 291.4pt 108.5m 101.0m
 コンスタンティン・シュミット(GER) 282.1pt 105.0m 99.5m
 クレメンス・ライトナー(AUT) 267.1pt 100.0m 96.5m
 
24 栗田 力樹(明治大学) 234.3pt 96.0m 91.0m
35 伊藤 将充(土屋ホームスキー部) 100.4pt 83.0m 
45 山川 太朗(東海大学) 87.8pt 80.5m 
52 二階堂 蓮(下川商業高校) 74.9pt83.5m 

オフィシャル リザルト


 

今季コンチネンタルカップで総合3位につけているマリウス・リンビークが金メダル。
実はリンビークは札幌コンチ3連戦前までは総合トップに立っていた。
それが買われてWCザコパネに召集。おかげでコンチは3位まで落ちてしまったけれど、ザコパネ団体で初起用され見事3位にとなり、個人戦でも8位。
既に一段高いレベルで活躍し始めた選手なので、この優勝も当然か。

 

銀のシュミットも今季ティティゼーーノイシュタットで既に世界を大いに沸かせた選手。
銅のクレメンス・ライトナーも開催国枠として出場した今季インスブルックで29位となり初ポイントを獲得している。

 

そんな世界の強豪たちに挑んだのもまた、日本が誇る若き精鋭たち。
でも、世界の壁は高く厚かったか・・・
ここ3大会は、2015 佐藤幸椰 4位、2016 小林陵侑 銅メダル、2017 伊藤将充 5位と好成績が続いていたけれど、最高位は栗田力樹の24位。
将充、山川、蓮くんは2本目に進めなかった。

 

そして勇研。
頂点を獲れる力を持った選手であるはずなのに・・・
巻き返しに期待。

 

 

過去6大会男子個人優勝者
2012 エルズルムネイチ・デズマン(SLO)
2013 リベレツヤカ・フバラ(SLO)
2014 バルディフィエンメヤクブ・ヴォルネ(POL)
2015 アルマトイヨハン・アンドレ・フォルファング(NOR)
2016ルシュノフダヴィト・ジーゲル(GER)
2017パークシテイビクトール・ポラセク(CZE)