スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2021ラハティ女子個人

ノルウェーのビョルセットが圧勝で金

2021年2月11日(木)ラハティ(FIN)HS100/K90

Women’s Normal Hill Individual

 テア-ミニャン・ビヨルセット(NOR)239.0pt
 ジョセフィーヌ・パニエ(FRA) 218.5pt
 ヤルネイヤ・ブレシル(SLO) 213.0pt
 
14 宮嶋 林湖(白馬高校)177.8pt
18 櫻井 梨子(余市紅志高校)167.8pt
34 鴨田 鮎華(イトイ産業)68.3pt
35 一戸 くる実(N高等学校)67.9pt

オフィシャル リザルト

ワールドカップで売り出し中のビョルセットが金。
銀のパニエ、銅のブレシルはもちろん、4位のエダー、5位のスプイニョーワらもワールドカップで活躍している選手。

そういう選手たちと戦わなければならない日本勢で、ワールドカップの出場経験があるのは鴨田鮎華のみ。しかも、開催国枠で出場した2017/18札幌の1戦だけ。
日本のジュニア世代の育成方法は本当に今のままで良いのか? はなはだ疑問。

過去の大会女子個人優勝者
2012 エルズルム高梨 沙羅(JPN)
2013 リベレツ高梨 沙羅(JPN)
2014 バルディフィエンメ高梨 沙羅(JPN)
2015 アルマトイソフィア・チホノワ(RUS)
2016 ルシュノフキアラ・ヘルツル(AUT)
2017 パークシティマヌエラ・マルシネル(ITA)
2018 カンデルシュテッグニカ・クリジュナル(SLO)
2019 ラハティアンナ・スプイニョーワ(RUS)
2020 オーバーヴィーゼンタールマリタ・クラマー(AUT)
タイトルとURLをコピーしました