スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2020/21 FISスキージャンプワールドカップ女子団体第2戦チャイコフスキー

順延開催1本勝負 オーストリアV 日本は6位

2021年3月28日(日)チャイコフスキー(RUS)HS102/K95

15th World Cup Competition

1オーストリア373.7pt
イラシュコ、ソルシャーグ、ヘルツル、クラマー
2スロベニア348.5pt
ロゲリ、コメール、ボガタイ、クリジュナル
3ドイツ336.5pt
アルトハウス、ザイファルト、ゲーリッヒ、ルプレヒト
 
4ノルウェー324.5pt
5ロシア293.9pt
6日本292.6pt
丸山希、勢藤優花、伊藤有希、高梨沙羅
7チェコ223.5pt
8カナダ174.5pt

リザルト


前日の27日(土)に行われる予定だったけれど、悪天候によりキャンセル。
で、翌日に順延され1回のみで争われることとなった。

日本チームは丸山と伊藤が同組1位と気を吐いたけれど、2番手の勢藤がスーツ違反で失格となり結果は6位。
ちなみに勢藤の得点を足すと369.2ptとなり2位だったけど、そんな”たられば”を言ってもしょうがない。

というか、この試合は、ここまでして無理にやる必要のある試合だったのだろうか。

この日は元々個人最終戦が予定されていて、しかもそれは個人総合タイトル決定戦。
その試合前に無理やり団体戦をねじ込んでダブルヘッダーとなった訳だが、タイトルを争う当事者たちにとってこれはどうなんだろう。
朝起きて「さぁ、いよいよ決戦!」と意気込んだはいいが、その前に一試合片付けなくちゃいけないなんて…

女子ワールドカップ団体戦全成績

123
12017.12.16ヒンターツァルテンJPNRUSFRA
22018.01.20蔵王JPNSLORUS
32019.01.19蔵王GERAUTJPN
42019.02.09リュブノGERSLOAUT
52020.01.18蔵王AUTJPNNOR
62020.02.22リュブノAUTSLONOR
72021.01.23リュブノSLONORAUT
8NEWチャイコフスキーAUTSLOGER

サラ・ヘンドリクソンが自らのSNSで引退を発表した。
言わずと知れた女子ワールドカップ初代女王。
高梨沙羅にとってワールドカップにおける最初のライバルで、「サラvs沙羅」対決は注目を集めた。

2012/13札幌で初めて間近にしたとき、あまりに華奢なので驚いた。
こんなに細いのに、あんなに遠くまで飛んで、しかも、しっかりテレマークを決めるなんて!

2013年夏に膝の靭帯を損傷。その後も怪我に悩まされ続けた。
ワールドカップでは2012/13オスロを最後に優勝が無く、最後の表彰台は2014/15オスロでの2位。最後の出場は2017/18オーベルストドルフで36位だった。

2013.2.3 ワールドカップ札幌大会 第3位
2013.2.3 ワールドカップ札幌大会 第3位
2015.1.10 ワールドカップ札幌大会 第5位

まだ26歳。
「選手としては身を引くけど、この競技をより良くすることは私の人生において最優先事項」
また、どこかで姿を見かける日が来るかもしれない。
ひとまず、お疲れ様。