スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2012/13 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第10戦札幌

ザイフリーズベルガー WC初優勝 高梨沙羅5位

2013年2月3日(日)札幌(JPN)HS100/K90

10th World Cup Competition

1 ジャクリーン・ザイフリーズベルガー(AUT)245.7pt
2 アネッテ・サーゲン(NOR)241.0pt
3 サラ・ヘンドリクソン(USA)240.2pt
 
5 高梨 沙羅(グレースマウンテンインターナショナルスクール)225.4pt
11 伊藤 有希(下川商業高校)218.7pt
20 茂野 美咲(ライズJC)197.3pt
30 平山 友梨香(北翔大学SC)176.2pt
31 渡瀬 あゆみ(サッポロスキッド)87.6pt
35 小浅 星子(ライズJC)82.3pt

オフィシャル リザルト


風に翻弄された昨日に懲りることなく、今日もよくお客さんが入りました。

終始雪が舞い、昨日よりも厳しい観戦状況ではあったけど、試技までは極めてスムーズ。
たったの20分で終わっちゃった。

ところが1本目が始まって二人飛んだところでまた風が悪さを始めて20分の中断。
やれやれ、また昨日と同じかと気持ちが萎える。

でも、途中何度かのシグナルレッドを挟みつつも無事に2本目まで終えることができ一安心。
これで今日も1本だけで終わったりしたら、宮の森が来年の女子W杯のカレンダーから消えちゃうんじゃないかって本気で心配してましたから、私。

昨日2位のザイフリーズベルガーが初優勝。
昨日3位のサーゲンが2位。
個人的には、昨日のグラサン姿も含めて、この2日間、サーゲン姐さんの存在感が半端なかったです。

1 ジャクリーン・ザイフリーズベルガー(AUT)
2 アネッテ・サーゲン(NOR)
3 サラ・ヘンドリクソン(USA)
4 スペラ・ロゲリ(SLO)
=5 高梨 沙羅(グレースマウンテンインターナショナルスクール)
=5 コリン・マテル(FRA)
7 ウルサ・ボガタイ(SLO)
8 リンジー・ヴァン(USA)
9 カリーナ・フォークト(GER)
10 カーチャ・ポズン(SLO)
サーゲン、ザイフリーズベルガー、ヘンドリクソン
サーゲン、ザイフリーズベルガー
11 伊藤 有希(下川商業高校)
20 茂野 美咲(ライズJC)
30 平山 友梨香(北翔大学SC)
31 渡瀬 あゆみ(サッポロスキッド)
35 小浅 星子(ライズJC)

沙羅は、この2日間完全に宮の森の風に嫌われたようで、一度もK点を超えることなく札幌大会を終えることとなった。
リベンジの舞台は蔵王―