スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2019/20 FISスキージャンプワールドカップ女子団体第1戦蔵王

オーストリアが圧巻の大勝利 日本2位

2020年1月18日(土)蔵王(JPN)HS102/K95

7th World Cup Competition

1オーストリア889.4pt
イラシュコ、クラマー、ヘルツル、ピンケルニッヒ
2日本749.0pt
伊藤有希、丸山希、高梨沙羅、勢藤優花
3ノルウェー748.6pt
ストローム、ブローテン、オプセット、ルンビー
 
4ロシア 
5スロベニア 
6ドイツ 
7イタリア 
8ポーランド 

オフィシャル リザルト


 

今季最初の団体戦で絶好調のオーストリアが優勝。
勝利そのものは順当。でも2位に140.4ptもの大差をつけるとは!
最後の一人が飛ばなくても、まだ20pt以上の差で勝てたわけだからえげつない。

 

4人とも凄かったが、中でもやはりピンケルニッヒが凄すぎた。
2本ともリクエストでゲートを2段下げたが、いずれもしっかりとHSの95%をクリアした。
先日、「空中での姿勢は他の誰とも似ていなく」と書いたが、元康氏によると陵侑に似ていると。
なるほど、スキーと体の離し方、追い風での腕の引き方など確かに陵侑に似ている。ただし、スキーの開き方には大きな違いがあるように見えるけど。

 

日本は、高梨を3番手にし勢藤を4番手にするという奇策に出た。
ただし、横川コーチには奇策という意図はあまりなかったようで、単に勢藤に経験を積ませたかったということのようではある。
ノルウェーとの2位争いはし烈だったが、勢藤は直前のルンビーの大ジャンプに動じることなくしっかりと仕事を果たし2位を死守した。大きな経験となったことだろう。

 

一方で伊藤有希が少し心配だ。
2本とも80mに届かなかった。
しまったぁ… という顔をしていたが、どうも蔵王の台に全くフィットしていないように見える。日曜日の試合での巻き返しに期待したい。

 

0.4pt差で日本の後塵を拝したノルウェーでは、ルンビーが調子を戻しつつある。
ロシアが日本シリーズで好調な一方、スロベニアとドイツは苦しい戦いが続く。
また、ポーランドがチームを組んだことがうれしい。ただし、エースのライダがこの日は冴えなかったけど。