スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2016/17 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第7戦札幌

伊藤有希 ワールドカップ初優勝

2017年1月14日(土) 札幌(JPN)HS100/K90

7th World Cup Competition

1 伊藤 有希(土屋ホーム) 254.3pt 95.0m 96.0m
2 高梨 沙羅(クラレ) 242.1pt 93.0m 92.0m
3 マーレン・ルンビ(NOR) 236.9pt 94.5m 90.5m
 
12 勢藤 優花(北海道メディカルスポーツ専門学校) 208.2pt 82.5m 88.0m
19 岩渕 香里(北野建設)195.9pt82.0m82.0m
29 岩佐 明香(日本大学) 178.3pt 76.5m 84.0m
37 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ)79.4pt73.0m 
40 大井 栞(札幌日本大学高校)70.9pt68.0m 
  五十嵐 彩佳(下川商業高校)予選落ち  
  瀬川 芙美佳(下川商業高校)予選落ち  
  丸山 希(飯山高校)予選落ち  
  小林 諭果(早稲田大学)予選落ち  
  渡邉 陽(東海大学)予選失格スキー長 

予選リザルト オフィシャル リザルト


伊藤有希がついにワールドカップ初優勝を遂げた。

1本目で2位高梨沙羅に4.5ptの差をつけトップに立つと、2本目は最長不倒となる96.0mの飛躍といつも通りの華麗な着地で逃げ切った。
終わってみれば2位高梨に12.2ptもの差をつけての完勝。

2011年12月の記念すべき女子WC初開催試合には代表に選ばれなかった。
初参戦は女子WC6戦目となる2012年2月のヒンツェンバッハ。
これまで10回表彰台に立ち、そのうち6回が2位。
優勝を阻んだのは6回とも高梨沙羅だ。

この高すぎる壁を越えないことには勝利はないことは分かっていた。
今季はここまで2位2回、3位1回、総合で2位につけていた。
機は熟したように思われた。

でも、有希ちゃん。なぜか札幌大会に運がない。
これまで16位→11位→4位→8位→15位→9位→10位→11位と一度も表彰台に立っていないばかりかあまりにパッとしない成績ばかり。

それがついに来た。
2013世界選手権混合団体金(こちら)も泣きそうだったし、2015世界選手権個人銀(こちら)も嬉しかったけれど、この日の勝利は格別。

何度でも言う。
おめでとう!
おめでとう!
おめでとう!

1 伊藤 有希(土屋ホーム)
2 高梨 沙羅(クラレ)
3 マーレン・ルンビ(NOR)
4 エマ・クリネツ(SLO)
5 カリーナ・フォークト(GER)
6 イリーナ・アバクモワ(RUS)
7 カタリナ・アルトハウス(GER)
8 スヴェニャ・ヴュルト(GER)
9 ジャクリーン・ザイフリーズベルガー(AUT)
10 マヌエラ・マルシネル(ITA)
12 勢藤 優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)
19 岩渕 香里(北野建設)
29 岩佐 明香(日本大学)
37 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ)
40 大井 栞(札幌日本大学高校)

高梨沙羅は、前戦のLHからの切り替えがうまくいかず、アプローチの感触もよくなかったとのこと。
それでも2位。
伊藤有希とのワンツーは通算7度目。まぁ初めて順番が入れ替わったわけだけど。

特筆すべきは岩佐明香のWC3戦目にしての初ポイントゲット。
そして、大井栞の予選突破。

伊藤 有希(土屋ホーム)
伊藤 有希(土屋ホーム)
高梨 沙羅(クラレ)
マーレン・ルンビ(NOR)

遠い遠いSapporoまではるばるやってきてくれた選手たちに敬意を表し、下手な写真ではありますが個人的な好みで何人かをピックアップしてみました。

11 マヤ・ブティッツ(SLO)
21 エベリン・インサム(ITA)
28 ユリアーネ・ザイファルト(GER)
31 ユリア・キッカネン(FIN)