スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2019ラハティ 女子個人

ロシア勢がワンツー 大井栞 7位

2019年1月24日(木) ラハティ(FIN)HS100/K90 

Ladies’ Normal Hill Individual

 アンナ・スプイニョーワ(RUS) 253.1pt 89.5m 94.0m
 リディア・ヤコブレワ(RUS) 252.4pt 92.5m 95.0m
 ララ・マルシネル(ITA) 249.9pt 92.5m 92.5m
 
7 大井 栞(早稲田大学) 239.3pt 88.5m 90.0m
12 勢藤 理桜(下川商業高校) 221.7pt 86.0m 87.5m
19 五十嵐 彩佳(札幌大学) 207.9pt 83.5m83.5m
27 御家瀬 恋(イトイ産業) 192.5pt79.5m78.0m

オフィシャル リザルト


 

今季WC第2戦リレハンメルで参戦4戦目にして衝撃の初優勝を遂げたヤコブレワを軸に争われると目されていた女子個人戦。

 

そのヤコブレワを抑えて優勝したのは、同じロシアのアンナ・スプイニョーワ。
WC出場は今季開幕のリレハンメル3試合のみ。3戦とも2本目に進めず、正直全く印象に残っていない選手。

 

3位マルシネル、4位オプセット、5位モラ、6位ブレシルはWCでもおなじみの選手たち。

 

そしてそれに続いたのが7位の大井栞。
今大会は自身3度目の出場となるが初シングル。
なお、日本勢は全員2本目に進出した。

 

過去の大会女子個人優勝者
2012 エルズルム高梨 沙羅(JPN)
2013 リベレツ高梨 沙羅(JPN)
2014 バルディフィエンメ高梨 沙羅(JPN)
2015 アルマトイソフィア・チホノワ(RUS)
2016 ルシュノフキアラ・ヘルツル(AUT)
2017 パークシティマヌエラ・マルシネル(ITA)
2018 カンデルシュテッグニカ・クリズナー(SLO)

 

 

コメント