スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2015アルマトイ女子個人

チホノワがK点越えを2本揃えて金 日本勢は勢藤の7位が最高

2015年2月5日(木)アルマトイ(KAZ)HS106/k95

金 ソフィア・チホノワ(RUS) 227.5pt(95.5m 95.5m)
銀 エリザベス・ラウダシェル(AUT) 221.7pt(93.5m 93.0m)
銅 キアラ・ヘルツル(AUT) 217.4pt(93.5m 96.0m)

7 勢藤 優花(旭川龍谷高校) 206.8pt(91.0m 93.0m)
11 山田 優梨菜(白馬高校) 195.4pt(85.5m 89.0m)
18 丸山 希(飯山高校)181.0pt(83.5m 85.5m)
19 大井 栞(北星学園女子中学校) 180.0pt(84.0m 85.5m)

 



この種目は前回大会まで高梨沙羅が3連覇(こちら)、伊藤有希も含めて4大会連続メダル獲得だった日本。
それに比べると見劣りする結果だけどしょうがないよね。

 

勢藤優花のシングルは立派だと思うし、山田優梨菜も久々に力を発揮できたんじゃないかな。
多少風の当たり外れはあったようだけど4人ともまずまずの成績だと思う。
健闘を讃えたい。

 

ただ一人K点越えを2本揃えて優勝したチホノワ。
ベルクチのライスコで年齢が45歳って表示されちゃう。
葛西を超えるレジェンドがいたとは!