スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2020オーバーヴィーゼンタール女子個人

クラマーが格の違いを見せつけ金 日本の最高位は35位

2020年3月5日(木)オーバーヴィーゼンタール(GER)HS105/K95

Women’s Normal Hill Individual

 マリタ・クラマー(AUT)238.9pt
 Thea Minyan ビヨルセット(NOR) 213.5pt
 ララ・マルシネル(ITA) 211.9pt
 
35 久保田 真知子(飯山高校) 58.3pt
38 鴨田 鮎華(イトイ産業) 54.2pt
44 櫻井 梨子(余市紅志高校) 44.2pt
27 勢藤 理桜(下川商業高校) 39.5pt

オフィシャル リザルト


 

マリタ・クラマーが圧勝。
エントリーした60人中でWCの優勝経験者はクラマーの他にはリディア・ヤコブレワがいるが、勢いに勝るクラマーが格の違いを見せつけた形だ。

 

 

写真は、今年のWC札幌大会2戦目のクラマー。
前日の札幌大会第1戦で初勝利を遂げ、その後オーベルストドルフで3位表彰台。
現時点でWC総合6位につけているが、まずは獲るべき勲章をここでしっかりと獲った。

 

日本勢の最高位は35位。
2006年に女子個人戦が始まり、2007年から日本はエントリーしているが、30以内に入れなかったのはこれが初めて。
団体戦に期待したいね。

 

過去の大会の日本人最高位
2007竹田 歩佳21位
2008伊藤 有希18位
2009竹田 歩佳7位
2010高梨 沙羅7位
2011伊藤 有希
2012高梨 沙羅
2013高梨 沙羅
2014高梨 沙羅
2015勢藤 優花7位
2016勢藤 優花5位
2017瀬川 芙美佳14位
2018丸山 希22位
2019大井 栞7位

 

過去の大会女子個人優勝者
2012 エルズルム高梨 沙羅(JPN)
2013 リベレツ高梨 沙羅(JPN)
2014 バルディフィエンメ高梨 沙羅(JPN)
2015 アルマトイソフィア・チホノワ(RUS)
2016 ルシュノフキアラ・ヘルツル(AUT)
2017 パークシティマヌエラ・マルシネル(ITA)
2018 カンデルシュテッグニカ・クリズナー(SLO)
2019 ラハティアンナ・スプイニョーワ(RUS)

 

コメント