スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISグランプリ2022女子個人第5戦クリンゲンタール【総合成績】

ボガタイが3勝目でGP2連覇 宮嶋林湖はGP初挑戦で総合7位

2022年10月2日(日)クリンゲンタール(GER)HS140/K125

7th Grand Prix Competition

1 ウルサ・ボガタイ(SLO)225.5pt
2 エマ・クリネツ(SLO)197.6pt
3 セリーナ・フライターク(SLO)196.6pt
 
4 伊藤 有希(土屋ホームスキー部)187.1pt
8 宮嶋 林湖(松本大学)166.6pt
11 勢藤 優花(カムイスキーリンクス)162.7pt
=16 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)124.7pt
=16 中山 和(下川商業高校)124.7pt
 高梨 沙羅(クラレ)スーツ失格

予選 リザルト


女子グランプリ最終戦は、ボガタイが2位クリネツに27.9pt差をつけて圧勝。
この夏3つ目の勝利で、2年連続2度目の総合優勝に輝いた。

日本勢では、伊藤有希と勢藤優花が個人戦としては今季初出場だったが、それぞれ4位と11位でポイントを獲得。
高梨沙羅は今季GP初参戦だったが、残念ながらスーツの違反による失格に終わった。

日本チームとしては、これで今季出場した9人のうち高梨以外の8人は全員ポイントを獲得したことになる。
そればかりか、この8人は出場した試合で1戦も落とすことなくポイントを獲得した。

なかでも、個人戦全5試合に出場し、その全てでポイントを獲った宮嶋林湖の活躍が光る。
シングルを2回取り、ワーストでも14位という安定感。総合7位は見事すぎる。

また、伊藤有希と並ぶ最年長選手である小林諭果の活躍も光った。
シングル2回、ワーストでも17位という安定感で総合10位。

実績のあるベテランと若手がしっかりと結果を出して見せた。
特にGP初出場だった宮嶋林湖、一戸くる実、櫻井梨子、中山和にとっては非常に収穫の多い夏だったように思う。


グランプリ総合順位

1 ウルサ・ボガタイ(SLO)4603勝
2 ニカ・クリジュナル(SLO)2401勝
3 ジョセフィーヌ・パニエ(FRA)2093位
4 ジュリア・クレール(FRA)1683位
5 カタリナ・アルトハウス(GER)1505位
7 宮嶋 林湖(松本大学)1258位
10 小林 諭果(CHINTAI)1178位
11 エバ・ピンケルニッヒ(AUT)1001勝
20 中山 和(下川商業高校)605位
25 伊藤 有希(土屋ホーム)504位
35 岩佐 明香(大林組)2915位
38 一戸 くる実(N高等学校)2721位
40 勢藤 優花(カムイスキーリンクス)2411位
42 櫻井 梨子(あいおいニッセイ同和損保)2319位
 高梨 沙羅(クラレ)0

個人総合順位

大会別優勝者

1 ウルサ・ボガタイ(SLO)ヴィスワ(HS134)
2 ニカ・クリジュナル(SLO)ヴィスワ(HS134)
3 ウルサ・ボガタイ(SLO)クーシュベル(HS135)
4 エバ・ピンケルニッヒ(AUT)ルシュノフ(HS97)
5 ウルサ・ボガタイ(SLO)クリンゲンタール (HS140)

混合団体 大会別優勝国

1オーストリアルシュノフ(HS97)日本9位
2ノルウェークリンゲンタール(HS140)日本4位

ネイションズカップ総合順位

1 スロベニア1402
2 ドイツ-573
3 オーストリア-640
4 日本-822
5 ノルウェー-939

国別総合順位