スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISグランプリ2022女子個人第4戦ルシュノフ

ピンケルニッヒがGP初優勝 中山和は初出場5位

2022年9月17日(土)ルシュノフ(ROU)HS97/K90

4th Grand Prix Competition

1 エバ・ピンケルニッヒ(AUT)233.5pt
2 ウルサ・ボガタイ(SLO)217.0pt
3 ニカ・プレヴツ(SLO)209.3pt
 
5 中山 和(下川商業高校)206.3pt
11 宮嶋 林湖(松本大学)185.6pt
17 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)166.7pt

オフィシャル リザルト


この夏のグランプリ初登場のピンケルニッヒが、総合トップのボガタイを抑え優勝。
ワールドカップでは3勝を含む13回の表彰台があるが、グランプリでは参戦9試合目にして初表彰台・初優勝。

17歳のニカ・プレヴツは、前戦クーシュベルでの自己最高位4位を一つ更新し、WC・GPを通じて初表彰台。

18歳の中山和は、GP初出場にして5位。
表彰台まで3.0ptまで肉薄した。

小林諭果と宮嶋林湖は、ここまで4試合ですべてポイント獲得。
小林は総合8位、宮嶋は10位につけている。

GP総合順位