スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISグランプリ2022女子個人第3戦クーシュベル

ボガタイが今季2勝目 小林諭果は2度目の8位

2022年8月6日(土)クーシュベル(FRA)HS135/K125

3rd Grand Prix Competition

1 ウルサ・ボガタイ(SLO)232.4pt
2 ニカ・クリジュナル(SLO)213.6pt
3 ジュリア・クレール(FRA)202.0pt
 
8 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)157.5pt
12 宮嶋 林湖(松本大学)144.1pt
15 岩佐 明香(大林組スキー部)135.1pt
23 一戸 くる実(N高等学校)94.8pt
27 櫻井 梨子(あいおいニッセイ同和損保スキー部)58.7pt

オフィシャル リザルト


ボガタイが開幕戦以来の今季2勝目。
第2戦ヴィスワと順番は入れ替わったがクリジュナルとのワンツーは2戦連続。
両者は開幕から3戦連続表彰台。

ワールドカップで3位表彰台が1度あるクレールは、グランプリとしては初表彰台。
このところ若いパニエばかりが目立っていたが、フランスのエースの座は簡単には渡せない。

日本勢では小林諭果が今季2度目の8位。
出場30人のため全員ポイント獲得。

これにて第1次遠征は終了。
5人全員が3戦全てでポイントを獲得。特に小林諭果と宮嶋林湖は高いレベルで戦えた。
収穫の多い遠征だったと思う。

GP総合順位