スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2017/18 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第5戦札幌

ルンビーがアルトハウスに競り勝つ 高梨沙羅3位

2018年1月13日(土) 札幌(JPN)HS100/K90 

 

マーレン・ルンビー

 

8th World Cup Competition 

 マーレン・ルンビー(NOR) 252.9pt 95.5m 93.5m
 カタリナ・アルトハウス(GER) 248.6pt 93.5m 96.0m
 高梨 沙羅(クラレ) 238.2pt 93.0m 93.0m
 
 伊藤 有希(土屋ホームスキー部) 237.3pt 93.5m 91.5m
11 勢藤 優花(北海道ハイテクアスリートクラブ) 205.1pt 87.5m 90.5m
15 岩佐 明香(日本大学) 194.4pt 87.0m 85.5m
27 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)171.9pt81.0m 84.0m
28 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ) 171.0pt75.0m 79.5m
36 鴨田 鮎華(下川商業高校) 73.3pt 72.0m 
  岩渕 香里(北野建設スキークラブ)本戦失格SUIT 
  丸山 希(明治大学)予選落ち43位 
  大井 栞(札幌日本大学高校)予選落ち47位 
  御家瀬 恋(下川商業高校)予選落ち49位 
  瀬川 芙美佳(下川商業高校)予選失格SUIT 

予選リザルト
オフィシャル リザルト


 

イエロービブの二人は、はっきりと高さと速さが違った。
高さとは、もちろんフライトの高さのこと。そして速さとは、完了の速さのことではなくて前へ進むスピードのこと。つまり推進力。

 

カメラを構えていて、この二人だけが一段高いところから飛び出してきたので焦った。
なんとか高さを合わせてファインダーに納めてはみたものの、今度は飛行スビートの違いに焦る。沙羅や有希と比べても前に進む速さが全然違う。

 

男子の札幌大会で以前書いたことがあるが、男子の強豪のフライトは「低くて鋭い」
低いという言い方が正しいかどうかはわからない。実際は高いので。
でも直線的に進む分、高さを感じない。
ストッフもクラフトも今季好調のフライタークもフライトは極めて直線的。

 

一方、国内の選手などは、高く上がりはするが前に進む力が弱く、飛行曲線は曲線的。
宮の森や大倉山のように向かい風が強い台であれば、風に当たれば高く上がった分だけ距離を稼げるが、風がなければそのまま落ちる。

 

追い風傾向である海外の台では曲線的なフライトでは通用しない。
低く鋭い飛行曲線で、追い風をものともせずに前に進む男子の強豪選手並みのジャンプをしているのが今季のルンビーとアルトハウスだと思う。

 


 

マーレン・ルンビー
① マーレン・ルンビー(NOR)

 

カタリナ・アルトハウス
② カタリナ・アルトハウス(GER)

 

高梨沙羅
③ 高梨 沙羅(クラレ)

 

伊藤有希
4 伊藤 有希(土屋ホームスキー部)

 

イリーナ・アバクモワ
5 イリーナ・アバクモワ(RUS)

 

ウルサ・ボガタイ
6 ウルサ・ボガタイ(SLO)

 

カリーナ・フォークト
=7 カリーナ・フォークト(GER)

 

キアラ・ヘルツル
=7 キアラ・ヘルツル(AUT)

 

ララ・マルシネル
9 ララ・マルシネル(ITA)

 

チャン・シニュエ
10 チャン・シニュエ(中国)

 

勢藤優花
11 勢藤 優花(北海道ハイテクアスリートクラブ)

 

岩佐明香
15 岩佐 明香(日本大学)

 

小林諭果
27 小林 諭果(CHINTAIスキークラブ)

 

茂野 美咲
28 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ)

 

鴨田 鮎華
36 鴨田 鮎華(下川商業高校)

 

岩渕 香里
失格 岩渕 香里(北野建設スキークラブ)

 


 

ここが宮の森であることを疑ってしまうほど無風状態だった試技。
試合が始まると徐々に風が出てきて2本目には数値上は結構な向かい風が吹いた。
それでも、いつもの宮の森に比べると全然穏やか。
ということは、いつもの国内戦ってどんだけ強い風の中でやっているのか。

 

そんな宮の森ではよく中国選手が合宿している。
この試合最大の衝撃は岩渕香里のスーツ違反ではなく中国のチャン・シニュエ。
昨日は予選8位で驚かせ、この日はなんとトップ10。

 


 

マーレン・ルンビー、カタリナ・アルトハウス
① マーレン・ルンビー(NOR) ② カタリナ・アルトハウス(GER)

 

高梨 沙羅
③ 高梨 沙羅(クラレ)

 

高梨沙羅
① マーレン・ルンビー(NOR)  ③ 高梨 沙羅(クラレ)

 

高梨沙羅
③ 高梨 沙羅(クラレ)

 


 

遠い遠いSapporoまではるばるやってきてくれた選手たちに敬意を表し、下手な写真ではありますが個人的な好みで何人かをピックアップしてみました。

 

ラモーナ・シュトラウプ
12 ラモーナ・シュトラウプ(GER)

 

ジャクリーン・ザイフリーズベルガー
13 ジャクリーン・ザイフリーズベルガー(AUT)

 

ユリアーネ・ザイファルト
14 ユリアーネ・ザイファルト(GER)

 

ダニエラ・ハラランビエ
19 ダニエラ・ハラランビエ(ROU)

 

ニカ・クリズナー
22 ニカ・クリズナー(SLO)

 

アビー・リングクイスト
23 アビー・リングクイスト(USA)

 

ユリア・キッカネン
24 ユリア・キッカネン(FIN)

 

マヤ・ブティッツ
26 マヤ・ブティッツ(SLO)

 

スペラ・ロゲリ
31 スペラ・ロゲリ(SLO)

 

 

 

高梨沙羅

 

 

コメント