スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2020/21 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第18戦クリンゲンタール

グランネル3連勝 パブロフチッチ初表彰台

2021年2月6日(土)クリンゲンタール(GER)HS140/K125

21st World Cup Competition

1 ハルヴォア-エグナー・グランネル(NOR)284.2pt
2 カミル・ストッフ(POL)270.8pt
3 ボア・パブロフチッチ(SLO)270.8pt
 
10 佐藤 幸椰(雪印メグミルク)245.6pt
11 小林 陵侑(土屋ホーム)244.4pt
15 佐藤 慧一(雪印メグミルク)238.2pt
26 中村 直幹(東海大学札幌SC)219.4pt
39 伊東 大貴(雪印メグミルク)102.1pt

プロローグ オフィシャル リザルト


アタリハズレのある難しいコンディション。
それでもグランネルはものともしない強さがある。
2本ともHSオーバー。それでいてテレマークもしっかり入る。手が付けられない強さだ。
3連勝で今季9勝目。

パブロフチッチはワールドカップ初表彰台。
2016年ユースオリンピックの金メダリストがついに殻を破った。

パブロフチッチのワールドカップ・デビューはその年の札幌大会。
奇しくもクリンゲンタール大会は、新型コロナの影響でキャンセルとなった札幌大会の代替試合。