スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2019 FISグランプリジャンプ 男子団体第1戦ヴィスワ

サマーGP開幕 ポーランド地元V 日本は健闘光る5位

2019年7月20日(土) ヴィスワ(POL)HS134/K120 

1st Grand Prix Competition 

1ポーランド1094.1pt
ジラ、ズニシチョル、ストッフ、クバツキ
2スロベニア1035.7pt
バルトル、ラニセック、プレヴツ、ザイツ
3ノルウェー1029.2pt
フォルファング、ペデルセン、リンビーク、タンデ
 
4ドイツ 
5日本1015.2pt
中村直幹、佐藤慧一、小林潤志郎、佐藤幸椰
6オーストリア 
7ロシア 
8チェコ 

オフィシャル リザルト


 

GPヴィスワでの団体戦は、2012年以降毎年開催されているけど、地元ポーランドは8戦6勝と強さを発揮。

2019優勝ジラ、ズニシチョル、ストッフ、クバツキ
2018優勝コット、クバツキ、ストッフ、ジラ
2017優勝ジラ、ストッフ、クバツキ、コット
20166位ムランカ、クバツキ、ストッフ、コット
2015優勝コット、ジラ、クバツキ、ストッフ
2014優勝コット、ジラ、クバツキ、ストッフ
2013優勝コット、ビエグン、クバツキ、ストッフ
20122位ジラ、ストッフ、クバツキ、コット

 

日本は結果は5位だけれど、しっかりと表彰台を狙える戦いができたうえでの5位。
中でも同組で2本とも1位だった佐藤慧一が光る。
ラニセック、ペデルセン、シュミド、アイグナー、ヴァンクラらをすべて従えたんだから凄いよね。

 

 

コメント