スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2019 FISグランプリジャンプ 男子個人第1戦ヴィスワ

ザイツ GP初優勝 佐藤慧一7位 小林潤志郎8位

2019年7月21日(日) ヴィスワ(POL)HS134/K120 

2nd Grand Prix Competition 

1 ティミ・ザイツ(SLO) 277.9pt
2 ダヴィド・クバツキ(POL) 271.3pt
3 エフゲニー・クリモフ(RUS)266.8pt
 
7 佐藤 慧一(雪印メグミルクスキー部) 258.2pt
8 小林 潤志郎(雪印メグミルクスキー部) 256.4pt
16 中村 直幹(移籍中) 246.4pt
23 岩佐 勇研(東京美装グループスキー部)236.3pt
27 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部)234.3pt
40 佐藤 幸椰(雪印メグミルクスキー部)110.5pt

予選リザルト オフィシャル リザルト


 

19歳のティミ・ザイツは、WCでは昨季2月のオーベルストドルフFHで初優勝を遂げているが、GPではこれが初優勝。

 

今月22歳になる佐藤慧一は、WC・GPを通じて海外初参戦にして見事にシングル。
ちなみに1学年上の小林陵侑がWC・GPを通じて海外初参戦した2015/16ザコパネWCも7位だった。
また20歳になったばかりの岩佐勇研もWC・GPを通じて海外で初ポイントゲット。

 

 

コメント