スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

第56回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会【少年組、成年組】

栃本翔平が優勝、雪印勢表彰台独占 少年は小林陵侑が伊藤将充に競り勝つ 

2015年1月4日(日) 札幌市 宮の森ジャンプ競技場 HS100/K90

 

雪印メグミルク杯 

 

訳あって今回の写真はいつも以上にヒドイです。
選手・関係者の皆様ごめんなさい。
写真に関してはど素人なので許してください。

 

 

少年組


小林陵侑
① 小林 陵侑(岩手盛岡中央高校) 211.5pt(86.0m 88.5m)

 

伊藤将充
② 伊藤 将充(下川商業高校) 208.5pt(89.5m 85.0m)

 

古賀極
③ 古賀 極(東海大学付属第四高校) 200.5pt(83.5m 86.5m

 

中村直幹
4 中村 直幹(東海大学付属第四高校) 196.0pt(83.5m 86.5m)

 

木下雄登
5 木下 雄登(青森五所川原農林高校) 193.5pt(79.0m 87.0m)

 

佐藤慧一
6 佐藤 慧一(下川商業高校) 163.5pt(73.0m 80.0m)

 

試技でもいいジャンプを見せていた将充が1本目トップ。
高校生になってから、ひょっとしてちょっと伸び悩んでいるのかなぁと心配したりもしたけれど最近はいいカンジ。今日も優勝の期待がかかったけど・・・

混合で飛ぶ少年・成年組は最後の11人を残して15分ほどの風待ちの中断があった。
その中に少年組で一人混じっていたのが将充。
陵侑も言っていたけど、長い間待たされてかわいそうだった。
で結局、葛西のメットで参戦した陵侑に逆転を許した。
まぁ、いい。またすぐにチャンスはあるさ。

 

マックスの表彰台は初めて見た気がする。
低い前傾のフォームがかっこよくて好きだ。

 

 

雪印メグミルク杯

伊藤、小林、古賀
少年組 2位 伊藤 優勝 小林 3位 古賀

 

中村、木下、佐藤
少年組 4位 中村 5位 木下 6位 佐藤

 

伊藤将充
少年組最長不倒賞 伊藤 将充(89.5m) 

 

 

成年組


栃本翔平
① 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部) 244.0pt(96.0m 92.5m)

 

佐藤幸椰
=② 佐藤 幸椰(雪印メグミルクスキー部) 223.0pt(90.0m 89.0m

 

原田侑武
=② 原田 侑武(雪印メグミルクスキー部) 223.0pt(93.5m 86.0m)

 

伊藤謙司郎
4 伊藤 謙司郎(雪印メグミルクスキー部) 219.0pt(89.5m 87.5m)

 

鈴木翔
5 鈴木 翔(水上SC) 215.5pt(86.0m 90.0m)

 

吉岡和也
6 吉岡 和也(土屋ホームスキー部) 208.5pt(86.5m 86.0m)

 

昨年に続いて雪印勢が表彰台を独占。
しかも、4位には謙司郎が入った。
今更ながらジャンプ週間は礼留飛ではなくとっちーを派遣すべきだったと思う。

 

 

雪印メグミルク杯

原田、佐藤、栃本
成年組 =2位 原田 優勝 栃本 =2位 佐藤

 

伊藤、鈴木、吉岡
成年組 4位 伊藤 5位 鈴木 6位 吉岡

 

栃本翔平

成年組最長不倒賞 栃本 翔平(96.0m)

 



観戦したことのある方なら知っている、表彰式がなかなか始まらないあのグダグダ。
今や札幌の冬の風物詩となりつつあるとかないとか。
それが今回は、”お客さんが待ってるんだから早く出てきて並びなさい!”という主旨のアナウンスが流れたのでビックリ。
おかげでいつもよりは早めに表彰式が始まった。
このグッジョブは連盟? それとも雪印?
いずれにしても今まで放置されてきたことのほうが不思議。

 

 

コメント