スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2011/12 FISスキージャンプワールドカップ個人第16戦札幌

伊東大貴 ワールドカップ初優勝

2012年1月28日(土)札幌(JPN)HS134/K120

18th World Cup Competition

1 伊東 大貴(雪印メグミルク)252.6pt
2 アンデシュ・バーダル(NOR)252.5pt
3 カミル・ストッフ(POL)247.2pt
 
15 葛西 紀明(土屋ホーム)213.4pt
18 竹内 択(北野建設)211.0pt
30 湯本 史寿(東京美装グループ)154.5pt
33 岡部 孝信(雪印メグミルク)82.3pt
41 小林 潤志郎(東海大学)68.0pt
44 作山 憲斗(北野建設)63.8pt
46 鈴木 翔(旭川大学)55.9pt
47 渡瀬 雄太(雪印メグミルク)52.8pt
50 遠藤 秀治(清光社スキークラブ)31.4pt
  栃本 翔平(雪印メグミルク)予選落ち
  清水 礼留飛(新潟新井高校)予選落ち

予選リザルト オフィシャル リザルト


伊東大貴がワールドカップ初優勝を遂げた。

1本目をトップで折り返したが、優勝が懸かった2本目は135.0mを飛んだバーダルに対して130.0mという微妙な飛距離。

「ダメかな?」とも思ったけど、しばらくの間があって電光掲示板のトップにビブナンバー「42」が表示されると大歓声が巻き起こった。
幸せな瞬間だった。

なお、私の腕と機材では暗くなってからの撮影分はほぼ全滅のレベルであるため、フライトの画像は全て試技のもの。あしからず。

1 伊東 大貴(雪印メグミルク)
2 アンデシュ・バーダル(NOR)
3 カミル・ストッフ(POL)
4 ベガール・スクレット(NOR)
5 ロマン・コウデルカ(CZE)
6 ロベルト・クラニエッツ(SLO)
7 アンデシュ・ファンネメル(NOR)
8 リヒャルト・フライターク(GER)
9 アンドレアス・コフラー(AUT)
10 ミハエル・ノイマイヤー(GER)
15 葛西 紀明(土屋ホーム)
18 竹内 択(北野建設)
30 湯本 史寿(東京美装グループ)
33 岡部 孝信(雪印メグミルク)
41 小林 潤志郎(東海大学)
44 作山 憲斗(北野建設)
46 鈴木 翔(旭川大学)
47 渡瀬 雄太(雪印メグミルク)
50 遠藤 秀治(清光社スキークラブ)
表彰台 バーダル、伊東、ストッフ

大貴と2位バーダルの差はわずかに0.1ポイント。