スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2017パークシティ 男子団体

スロベニアが金 日本は0.6pt差でメダルを逃す

2017年2月3日(金) パークシティ(USA)HS100/K90 

Men’s Normal Hill Team 

金 スロベニア 932.3pt
   JELAR 239.0pt
   バルトル 243.6pt
   OSTERC 217.9pt
   パブロビッチ 231.8pt

銀 ドイツ 929.0pt
   ハマン 226.6pt
   FUCHS 231.1pt
   HOFFMANN 233.7pt
   シュミット 237.6pt

銅 オーストリア 870.8pt
   RUPITSCH 235.6pt
   SCHWANN 213.8pt
   LEITNER 203.7pt
   REISENAUER 217.7pt

 

4 日本 870.2pt
   伊藤 将充(土屋ホームスキー部) 238.0pt
   栗田 力樹(白馬高校) 203.7pt
   二階堂 蓮(江別大麻東中学校) 206.3pt
   岩佐 勇研(札幌日本大学高校) 222.2pt

 

オフィシャル リザルト

 


 

日本はメダルまでわずか0.6pt差の4位。
勇研の最後のジャンプは、さすがにプレッシャーがかかったか12人中8位。
惜しくも2大会連続のメダル獲得はならず。

 

 過去の大会順位 選 手
 2012 エルズルム10位  清水礼留飛 佐藤幸椰 西方慎護 高梨寛大  
 2013 リベレツ6位  西方慎護 佐藤幸椰 渡辺知也 清水礼留飛
 2014 バルディフィエンメ11位  小林陵侑 奈良拓実 西方慎護 伊藤 将充
 2015 アルマトイ6位  佐藤幸椰 小林陵侑 渡部陸太 伊藤将充
 2016ルシュノフ銅  伊藤将充 岩佐勇研 中村直幹 小林陵侑 

  ↑大会名をクリックすると過去の記事がご覧いただけます。