スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISノルディックスキージュニア世界選手権2016ルシュノフ 混合団体

スロベニアが混合団体最初の金に輝く 日本は6位

2016年2月24日(水)ルシュノフ(ROU)HS100/k90

金 スロベニア 882.8pt(431.1pt 3位 451.7pt 1位)
  クリジュナル 205.3pt(98.4pt 3位 106.9pt 2位)
  パブロブチッチ 217.4pt(108.4pt 1位 109.0pt 4位)
  クリネツ 230.7pt(116.8pt 1位 113.9pt 1位)
  D・プレヴツ 229.4pt(107.5pt 5位 121.9pt 2位)

銀 オーストリア 869.8pt(439.9pt 1位 429.9pt 2位)
  PURKER 194.7t(103.6pt 2位 91.1pt 4位)
  シュタイナー 217.9pt(105.9pt 4位 112.0pt 3位)
  ヘルツル 223.8pt(114.7pt 2位 109.1pt 2位)
  ライセナウァー 233.4pt(115.7pt 3位 117.7pt 3位)

銅 ドイツ 865.7pt(437.1pt 2位 428.6pt 3位)
  アルトハウス 220.3pt(113.3pt 1位 107.0pt 1位)
  フックス 203.1pt(104.2pt 5位 98.9pt 6位)
  ルプレヒト 196.8pt(100.8pt 6位 96.0pt 6位)
  D・ジーゲル 245.5pt(118.8pt 2位 126.7pt 1位)

 

4 ノルウェー 828.2pt
5 チェコ 808.8pt

6 日 本 798.3pt(412.4pt 4位 385.9pt 6位)
  渡邉 陽(札幌日本大学高校) 149.6pt(76.3pt 9位 73.7pt 7位)
  伊藤 将充(下川商業高校) 212.1pt(107.0pt 3位 105.1pt 5位)
  勢藤 優花(道メディカルスポーツ専門学校) 201.5pt(108.2pt 3位 93.3pt 7位)
  小林 陵侑(土屋ホームスキー部) 235.1pt(120.9pt 1位 114.2pt 4位)

7 ルーマニア 750.5pt
8 ロシア 742.8pt

 


 

2012年大会から4大会連続で実施されていた女子団体がなくなっちゃった。
で、代わりに行われたのが男女混合団体。

 

初代金メダリストは1本目3位から逆転したスロベニア。
今季WCで表彰台に乗った選手が二人もいるからさすがに強い。

 

日本は1本目で将充3位、勢藤3位、陵侑1位で4位につけ表彰台の期待がかかったけど、プレッシャーに負けたのか2本目は失速して6位。

 

 

参考までに、過去4大会の女子団体の成績を載せておきます。

過去4大会日本の女子団体の成績
2015 アルマトイ銅  (丸山希、山田優梨菜、大井栞、勢藤優花)
2014 バルディフィエンメ金  (伊藤有希、岩佐明香、山田優梨菜、高梨沙羅)
2013 リベレツ5位 (小林諭果、山口瑞貴、伊藤有希、高梨沙羅)
2012 エルズルム金  (伊藤有希、山田優梨菜、岩渕香里、高梨沙羅)

  ↑大会名をクリックすると過去の記事がご覧いただけます。