スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISワールドカップ2021/22女子個人第4戦リレハンメル

クラマーがアルトハウスの追撃を振り切る 高梨沙羅 8位

2021年12月5日(日) リレハンメル(NOR)HS140/K123

4th World Cup Competition

1 マリタ・クラマー(AUT)268.9pt
2 カタリナ・アルトハウス(GER)259.8pt
3 シリエ・オプセット(NOR)253.2pt
 
8 高梨 沙羅(クラレ)242.4pt
12 岩渕 香里(北野建設)199.2pt
27 伊藤 有希(土屋ホームスキー部)152.0pt
31 勢藤 優花(北海道ハイテクAC)72.5pt
45 岩佐 明香(大林組スキー部)予選落ち

予選リザルト オフィシャル リザルト


高梨沙羅がもがいている。

平昌五輪後から始まったゼロからの作り直しは、昨シーズンにアプローチと踏み切りをほぼ完成させた。3勝を挙げ総合2位と結果にもはっきりと表れた。
夏のGPでも1勝を挙げ、秋の国内戦も3戦全勝。あとは空中姿勢を固めるだけの状態に仕上がっていた。

ところが、開幕してみると完成させたはずのアプローチが決まらない。
重心が少し後ろにズレているようでスビートが出ない。
そのズレは踏み切りに影響し、結果として空中にも着地にも影響を及ぼす。

今シーズン最初のラージヒルであるこの試合が、それを変えるきっかけになるかとも思われた。
しかし、結果は今季ワーストの8位。
本人的にはだいぶ改善されてきたと感じているようだし、悪いなりに上位にはつけている。
それでも、結果に結びついていないだけにやはり心配だ。

勝ったクラマーは開幕戦で見せたような圧倒的な強さではなかった。
本人も少し首をかしげているような感じでもあり、まだまだ本調子とは自身も思っていないのだろう。
それでも勝ててしまう。本調子となったらすごいことになりそうだ。

むしろ完成度の高さは2位のアルトハウスに感じられた。
鋭い踏切で空中もぶれなく進む。ややバタつく感じのクラマーとは好対照。
これで3戦連続の表彰台。良い状態でクリンゲンタールに向かうこととなった。

ルンビ不在のノルウェーチームの屋台骨を支えるオプセットは、ルンビ並みに空中でバタバタしてしまった。そこはマネしなくていい。
これが10回目の表彰台。今季はクリネツが初優勝を果たしたが、次に初優勝を遂げるのはこの人であってほしい。

ところでルンビと言えば、この日は会場に姿を見せていた。
今年10月に体重管理の問題から北京五輪および今季のWC欠場を涙ながらに表明した。
長くキャリアを続けたいとは語っていたが、個人的にはスキージャンプと距離を取りたがっているようにも少し感じられた。
それだけに、こうして姿を見せてくれたことはすごくうれしかった。

総合順位