スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018 FISグランプリジャンプ 女子個人第2戦クーシュベル

高梨沙羅 開幕2連勝 伊藤有希3位

2018年8月10日(金) クーシュベル(FRA)HS135/K125 

2nd Grand Prix Competition 

 高梨 沙羅(クラレ) 253.1pt 120.0m 131.5m
 エマ・クリネツ(SLO) 238.9pt 120.5m 131.5m
 伊藤 有希(土屋ホームスキー部) 234.1pt 117.0m 125.0m
 
9 岩渕 香里(北野建設スキークラブ) 205.5pt 121.5m 113.5m
12 勢藤 優花(北海道ハイテクアスリートクラブ) 198.7pt 111.5m 118.0m

オフィシャル リザルト


 

高梨沙羅は開幕2連勝。
追い風の強い難しいコンディションだったけど結果は圧勝。

 

2013クーシュベルで勝利を挙げているクリネツがGP通算2度目の表彰台。
その時はNHだったけれど、クーシュベルは験がいいね。

 

2本とも、沙羅とクリネツは飛距離でほぼ並んだけれど、沙羅の方が1本目で0.76m/s、2本目で0.52m/sも追い風が強かった。
一方、飛型点はクリネツの方が1本目で1.0pt、2本目で3.0pt高い。
映像を見ていないので何とも言えないけれど、クリネツとの比較だけでなくトップ6の中で沙羅が最も飛型点が低いのが少し気になる。

 

伊藤有希は2戦連続表彰台となる3位。
有希にとっても、ここクーシュベルは2013年のGPでWC・GPを通じて初表彰台をゲットした思い出の地。

 

今季初エントリーとなった昨季WC覇者のマーレン・ルンビ(NOR)は6位。
WC総合2位のカタリナ・アルトハウス(GER)は4位。