スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えします

2013/14 FISスキージャンプワールドカップ個人女子第14戦 ルシュノフ

2014年3月1日(土)  ルーマニア ルシュノフ HS100

高梨沙羅、2年連続総合優勝!

優勝 高梨 沙羅 (クラレ) 252.0
2位 マーレン・ルンビー (ノルウェー) 226.4
3位 伊藤 有希 (土屋ホーム) 221.6

22位 岩渕 香里 (松本大学) 181.5
29位 渡瀬 あゆみ (アインファーマシーズ) 168.0
34位 竹田 歩佳 (ライズJC) 78.9
35位 茂野 美咲 (CHINTAI) 78.2

 

総合女王への可能性のあったソチ銀メダリスト ダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(オーストリア)は24日に国内で練習中に左ひざを痛めすでに今季絶望。
総合2位で沙羅を追うソチ金メダリスト カリーナ・フォークト(ドイツ)も、この日の試合をひざの負傷で欠場したため、沙羅は5位以上で総合優勝が確定する状態だった。

そんな中、ただ一人ヒルサイズ越えのジャンプで圧勝。
真の女王が誰なのかをわからせた。
おめでとう、沙羅ちゃん!

そして、もう一人。
第8戦蔵王大会以来、自身2度目となる表彰台に立った有希。
あの時取っておいた言葉を、その分も含めてたっぷりと送ります。
おめでとう!
おめでとう!
おめでとう!

総合3位のイラシュコが抜け、4位のアバクモアもかつての勢いはない。
総合3位が見えてきたよ、有希ちゃん!

 

 

コメント