スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2015/16 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第25戦ヴィスワ

コウデルカ 今季初優勝 葛西紀明 今季5度目の表彰台

2016年3月4日(金)  ヴィスワ(POL)HS134/K120

① ロマン・コウデルカ(CZE) 269.0t(127.5m 133.0m)
② ケネス・ガングネス(NOR) 268.0pt(127.5m 130.0m)
③ 葛西 紀明(土屋ホームスキー部) 265.4pt(128.5m 134.0m)

14 竹内 択(北野建設スキー部) 245.8pt(126.5m 125.5m)
17 伊東 大貴(雪印メグミルクスキー部) 239.5pt(121.0m 126.5m)
25 作山 憲斗(北野建設スキー部) 218.0pt(120.5m 120.0m)

31 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部) 107.0pt(120.5m)
33 伊藤 謙司郎(雪印メグミルクスキー部) 106.1pt(119.5m)

 


 

やったー! コウデルカが勝った!
昨季の開幕戦で初勝利を挙げ札幌大会を含む4勝を挙げたけど、今季ここまでは2度の4位が最高位。
あぁ、このまま終わってしまうのか・・・ とちょっと思いかけていた時のこの勝利。
うれしいよ!
おめでとう!

 

葛西紀明は今季5度目の表彰台にして5度目の3位。
プレヴツが1本目13位、フロイントも1本目8位・・・と、ひょっとして勝利に向けての千載一遇のチャンスだったのかも。
まぁ、間近に迫った500戦でやってくれるかな。
そんな予感を本気で漂わすのがこの男の凄いところ。