スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2019 FISグランプリジャンプ 男子個人第2戦ヒンターツァルテン

ガイガー GP通算3勝目 岩佐勇研 初シングル8位

2019年7月27日(土) ヒンターツァルテン(GER)HS108/K95 

4th Grand Prix Competition 

1 カール・ガイガー(GER) 253.6pt
2 グレゴア・シュリーレンツァウアー(AUT) 253.2pt
3 リヒャルト・フライターク(GER)248.7pt
 
8 岩佐 勇研(東京美装グループスキー部) 239.0pt
10 佐藤 幸椰(雪印メグミルクスキー部) 237.5pt
11 中村 直幹(移籍中) 236.9pt
16 佐藤 慧一(雪印メグミルクスキー部)234.3pt
17 小林 潤志郎(雪印メグミルクスキー部)233.5pt
18 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部)233.2pt

予選リザルト オフィシャル リザルト


 

カール・ガイガーが2018ルシュノフでの2連勝以来となるGP通算3勝目。
午前中に混合団体で勝利し、夜には個人戦で勝利。
1日で二つの勝利を収めたことになる。

 

GP通算13勝を誇るシュリーレンツァウアーの表彰台は、なんと2015ヒンツェンバッハ以来。
WCでも2014/15ニジニ・タギルを最後に表彰台に立っていないので、ここまでホントに長かったよね。

 

前戦でWC・GPを通じて海外で初ポイントゲットを果たした岩佐勇研は初シングル。
日本勢が全員リザルトの1ページ目に載るなんて… 
GPとはいえ小躍りしたくなる。

 

 

コメント