スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2017 FISグランプリジャンプ女子個人第1戦クーシュベル

アルトハウスが女子GP開幕V 高梨沙羅2位 伊藤有希3位

2017年8月11日(金) クーシュベル(FRA)HS96/K90 

1st Grand Prix Competition 

① カタリナ・アルトハウス(GER) 230.8pt(95.0m 88.5m)
② 高梨 沙羅(クラレ) 220.1pt(89.0m 90.0m)
③ 伊藤 有希(土屋ホームスキー部) 219.0pt(91.0m 85.0m)

 

10 勢藤 優花(北海道ハイテクアスリートクラブ) 201.4pt(87.5m 93.0m)
13 岩渕 香里(北野建設スキークラブ) 198.6pt(88.0m 93.5m)

 

オフィシャル リザルト

 


 

沙羅は1本目で踏切に失敗したとのこと。
有希は2本目でびっくりするほど完璧に踏切が遅れたとのこと。

 

1本目のラスト10人で基本ゲート10番から1段下がり、ラスト3人(ルンビ、伊藤、高梨)でもう1段下がった。
ラスト3人が割を食ったと見る向きもあろうが、ゲートが下がったのはその前の選手がHSに迫る95.0mを出したから。
で、その選手がアルトハウス。
つまりアルトハウスは、自らの大ジャンプで後続の3人のゲートを下げさせた訳であって、なかなかあっぱれな勝ちっぷりではないか。

 

なお、カリーナ・フォークト(GER)が、9日の練習中に膝を痛めて復帰まで6週間かかるとのこと。