スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISワールドカップ2021/22男子団体第5戦プラニツァ

伊東大貴がラストフライト スロベニアは国別総合で首位をうかがう

2022年3月26日(土) プラニツァ(SLO)HS240/K200

35th World Cup Competition

1スロベニア1601.1pt
イエラル、P.プレヴツ、ザイツ、ラニセク
2ノルウェー1576.9pt
リンビーク、ヘグリ、フォルファング、グランネル
3オーストリア1544.2pt
ハイベック、チョフェニック、フエットナー、クラフト
 
4ポーランド1522.2pt
5ドイツ1425.8pt
6日本1355.3pt
佐藤幸椰、佐藤慧一、小林陵侑、伊東大貴
7フィンランド1259.5pt
8スイス1198.1pt

オフィシャル リザルト


先週、国内での引退試合を優勝で飾った伊藤大貴。
これが正真正銘のラストゲーム。

伊東大貴2012
2012.01.28 WC初優勝 WC札幌
伊東大貴2012
2012.01.29 WC2勝目 WC札幌
伊東大貴2013
2013.01.20 WC札幌
伊東大貴2014
2014.01.26 WC札幌
伊東大貴2015
2015.01.25 WC札幌
伊東大貴2016
2016.01.31 WC札幌
伊東大貴2017
2017.02.12 WC札幌
伊東大貴2019
2019.01.27 WC札幌
伊東大貴2020
2020.02.02 WC札幌

たくさんの夢と感動をありがとう!


ノルウェーが頑張ったので、スロベニアは前評判ほどの圧勝とはならなかった。
それでも昨日の個人戦での荒稼ぎと合わせて国別総合で首位オーストリアに肉薄。
逆転すれば、スロべニアにとって初のネーションズカップの獲得となる。

WC国別総合順位

プラニツァ7総合順位