スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018 FISグランプリジャンプ 男子個人第1戦ヴィスワ

ストッフ・ジワ 地元ワンツー 小林潤志郎6位

2018年7月22日(日) ヴィスワ(POL)HS134/K120 

2nd Grand Prix Competition 

 カミル・ストッフ(POL) 280.6pt 132.0m 126.5m
 ピオトル・ジワ(POL) 272.3pt 130.5m 126.5m
 ハルヴォア-エグナー・グランネル(NOR) 267.0pt 125.5m 129.0m
 
6 小林 潤志郎(雪印メグミルクスキー部) 263.8pt 127.5m 126.0m
13 中村 直幹(東海大学) 250.8pt 124.0m 127.0m
20 佐藤 幸椰(雪印メグミルクスキー部) 240.6pt 120.0m 123.0m
38 原田 侑武(雪印メグミルクスキー部) 108.7pt119.0m 
  岩佐 勇研(東京美装グループスキー部)予選落ち  

予選 リザルト
オフィシャル リザルト


 

6位の小林潤志郎にとっては、昨季WC個人開幕戦で衝撃の初優勝を飾った思い出の地。
グランネルは、WC・GPを通じて初表彰台。(過去最高位はWC・GPともに5位)
復帰戦となったアンドレアス・コフラー(AUT)は15位。