スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2013/14 FISスキージャンプワールドカップ個人男子第23戦ラハティ

2014年3月2日(日)  フィンランド ラハティ HS130

ソチ2冠ストッフ、五輪後初優勝

優勝 カミル・ストッフ (ポーランド) 281.0
2位 セヴェリン・フロイント (ドイツ) 277.4
3位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) 270.2

9位 葛西 紀明 (土屋ホームスキー部) 257.1
23位 竹内 択 (北野建設スキークラブ) 235.8
27位 清水 礼留飛 (雪印メグミルクスキー部) 226.1
33位 渡瀬 雄太 (雪印メグミルクスキー部) 118.1
45位 栃本 翔平 (雪印メグミルクスキー部) 107.5

 

葛西本人は、ひざの負傷を抱えた中でもシングル入りできたことに満足のご様子。
そして、ストッフとウェアを交換できてご満悦の様子。
次戦クオピオは80%の力で頑張るらしい。
以上すべて本人のブログより。

 

総合順位(第23戦終了時点)
1位 カミル・ストッフ (ポーランド) 1131
2位 ぺテル・プレヴツ (スロベニア) 1078
3位 セヴェリン・フロイント (ドイツ) 907
4位 葛西 紀明 (土屋ホームスキー部) 835
5位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) 775