スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

第51回STVカップ国際スキージャンプ競技大会 兼 FISコンチネンタルカップ2012

2012年1月22日(日)大倉山ジャンプ競技場

大倉山の気まぐれな風は、HTB杯やTVh杯のような盛り上げ役ともなるが、今日は完全にその真逆で、試合をすっかりつまらないものに変えてしまった。

試技はトップ7人が全員棄権。
1本目は28人が飛び終わったところでキャンセル。で、やり直し。
風待ちの中断が何度も入り、思うように試合が進行していかない。

今日も長丁場。気温がそれほど低くないからまだいいけど。

そして、STVカップ三連覇が懸かる葛西は1本目50位でまさかの2本目棄権。
さらに、前日バッケンレコード更新の大貴が70位で2本目に進めない。

嗚呼、STVの視聴率的には最悪の展開。

ここ数年、無料券を配るのを止めたから罰が当たったのでは? 
去年も雪で開始1時間遅れたりしたし・・・

 

 
竹内択
優勝 竹内 択(北野建設)
悪条件の中、ただ一人、130メートル超えを2本揃えての逆転優勝。


アンドレアス・ストエルネン
2位 兼 コンチ杯優勝 アンドレアス・ストエルネン(ノルウェー)


小林潤志郎
3位 小林 潤志郎
3戦ぶりの表彰台ゲット


作山憲斗
4位 兼 コンチ杯2位 作山 憲斗(北野建設) 
来ましたねぇ これでW杯札幌大会出場ゲット


栃本翔平
5位 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部)
こういう荒れた試合をものにして欲しいんだよなぁ


ロベルト・フルゴタ
6位 兼 コンチ杯3位 ロベルト・フルゴタ(スロベニア)


STVカップ表彰式
HTBカップ表彰式 左から ストエルネン、竹内、小林


コンチネンタルカップ表彰式
コンチネンタルカップ表彰式 左から 作山、ストエルネン、フルゴタ


最長不倒賞
最長不倒賞 トーマス・ナグリチ 136メートル

 

 

 

そんなところで見ていちゃ危ないよ

危険

 

 

だって、こ~んなに高いんだから

危険

 

 

次はいよいよFISワールドカップ札幌大会

28日 土曜日 エントリー12名
 伊東 大貴
 竹内 択
 栃本 翔平
 葛西 紀明
 小林 潤志郎
 渡瀬 雄太
 湯本 史寿
 作山 憲斗
 伊藤 謙司郎
 遠藤 秀治
 清水 礼留飛
 鈴木 翔

29日 日曜日 28日の12名のメンバーから下位3名を次の3名と入れ替える
 岡部 孝信
 船木 和喜
 吉岡 和也

 

 

コメント