スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2016/17 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第13戦ヴィスワ

カミル・ストッフ 連勝でポーランドを沸かす

2017年1月15日(日) ヴィスワ(POL)HS134/K120 

14th World Cup Competition 

① カミル・ストッフ(POL) 271.7pt(135.5m 128.0m)
② ダニエル-アンドレ・タンデ(NOR) 270.5pt(128.5m 134.5m)
③ ドメン・プレヴツ(SLO) 270.4pt(130.0m 132.0m)

 

17 葛西 紀明(土屋ホームスキー部) 234.1pt(123.5m 120.5m)
30 竹内 択(北野建設スキー部) 210.3pt(121.5m 111.0m)

33 伊東 大貴(雪印メグミルクスキー部) 107.3pt(115.0m )
46 作山 憲斗(北野建設スキー部) 93.8pt(108.0m)

予選不通過 小林 陵侑(土屋ホームスキー部) 

 

オフィシャル リザルト

 


 

1本目。
アダム・マリシュが見守る中、カミル・ストッフは完璧な仕事をやってのけた。
上位陣の中では確かに条件が良かったが、HSオーバーに加え19点台が並んだ飛型点。
完調に戻った感があり、これまた完璧な仕事をやったかに見えたドメン・プレヴツに5.8pt差を付けての首位ターン。

 

ところがそのドメンが、そしてタンデが簡単には勝たせてくれない。
終わってみれば、わずか1.3ptの中に彼らは居た。
ドメンの2本目は空中でややバランスを崩したが、あれがなければどうなっていたか・・・

 

これでストッフは3連勝。今季4勝目。総合トップ。
自国の観衆は沸きに沸いたが、自身の4連勝と団体2連勝がかかる次戦ザコパネも大いに盛り上がること必至。
彼がこの調子を維持したまま札幌にやってくることに期待したい。

 

もう一人、会場を大いに沸かせたのは前戦で復帰したシュリーレンツァウアー。
復帰戦は2本目に進めなかったけど、この日はなんと1本目4位で最終8位。
1本目の135.5mはストッフと並ぶこの日の最長不倒。
尤も、この試合で一番おいしい風を受けてのことではあるけれど。
それと、やや崩れ気味だったテレマークに対し、一人が20点を出した飛型点は明らかにご祝儀ではあったけれど。
それでもスゴイ。