スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2016/17 FISスキージャンプワールドカップ男子団体第1戦クリンゲンタール

ポーランド ワールドカップ団体戦で史上初優勝

2016年12月3日(土) クリンゲンタール(GER)HS140/K125 

3rd World Cup Competition 

① ポーランド 1128.7pt(562.0pt 1位 566.6pt 1位)
  ジラ(133.2pt 2位 135.5pt 2位)
  ストッフ(146.2pt 1位 148.6pt 1位)
  クバツキ(135.1pt 2位 133.2pt 4位)
  コット(147.6pt 1位 149.3pt 1位)

② ドイツ 1087.2pt(545.1pt 3位 542.1pt 2位)
  アイゼンビヒラー(136.9pt 1位 136.0pt 1位)
  ヴェリンガー(138.1pt 3位 132.2pt 3位)
  フライターク(133.9pt 3位 141.5pt 2位)
  フロイント(136.2pt 3位 132.4pt 4位)

 ③ オーストリア 1086.3pt(545.8pt 2位 540.5pt 3位)
  ハイベック(128.2pt 4位 135.4pt 3位)
  クラフト(141.4pt 2位 143.9pt 2位)
  コフラー(140.6pt 1位 136.4pt 3位)
  フェットナー(135.6pt 4位 124.8pt 6位)

 

4 ノルウェー 1024.2pt

5 スロベニア 1013.4pt

6 チェコ 987.1pt

7 日 本 961.3pt(475.2pt 7位 486.1pt 6位)
  竹内 択(北野建設スキー部)(115.4pt 8位 117.2pt 7位)
  作山 憲斗(北野建設スキー部)(114.4pt 7位 112.8pt 7位)
  葛西 紀明(土屋ホームスキー部)(125.8pt 4位 129.8pt 5位)
  伊東 大貴(雪印メグミルクスキー部)(119.6pt 8位 126.3pt 5位)

8 スイス 882.2pt

 

オフィシャル リザルト

 


 

試合後すぐに記録を調べ始めた。
ポーランドの団体優勝っていつ以来だろう?
マリシュの時代までさかのぼって調べたけれど見つからない。
ひょっとして・・・

 

・・・初優勝でした。
アダム・マリシュでさえ成し遂げられなかったことをやってのけたのか。
そう思うと感慨深い。

 

今夏のGPでコットが総合優勝、ストッフが総合3位。
今季開幕2戦でコットが5位と8位。
ジラとクバツキも開幕2戦は最高位11位と14位というそこそこの位置につけていた。
ただ、ストッフが開幕戦でまさかの転倒などちょっと不安な立ち上がり。

 

でも、この試合では強いストッフが戻ってきた。
2本目はヒルサイズ。1本目も139.0m。
真エース・ストッフの復活と、新エース・コットの好調維持。
ジラとクバツキの状態も含めホルンガッハーの腕は確かなようだ。

 

さて、日本はどうしたらよいでしょうかね?
ルカの状態をそのまま持ち込んできてしまったようで、誰かが足を引っ張ったわけでなく全員が低調。
このまま4シーズン前以前の暗黒時代に戻っちゃうなんてことはないよね?
葛西がスーツの色を代えたのは厄払いってワケじゃないんだろうけど・・・

 

 

コメント