スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2015/16 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第7戦蔵王

高梨沙羅が日本ラウンド4戦全勝 勢藤優花が自己最高位5位

2016年1月23日(土) 蔵王(JPN)HS106/K95

① 高梨 沙羅(クラレ) 241.3pt(94.5m 100.0m)
② マヤ・ブティッツ(SLO) 238.7pt(94.5m 97.5m)
③ エマ・クリネツ(SLO) 236.1pt(93.5m 98.0m)

5 勢藤 優花(北海道メディカルスポーツ専門学校) 228.2pt(96.0m 95.0m)
7 伊藤 有希(土屋ホームスキー部) 225.4pt(93.0m 93.5m)
14 岩渕 香里(松本大学) 216.3pt(92.5m 96.5m)

35 竹田 歩佳(デンソー北海道) 90.0pt(84.5m)

予選不通過 丸山 純(東海大学)

 


 

高梨沙羅は今季7戦6勝。
日本ラウンド4戦全勝で現在5連勝中。

 

前日3位のブティッツが2戦連続の表彰台。
札幌第1戦で2位のクリネツが3位表彰台。

 

勢藤優花は初シングルで過去最高位。
岩渕香里は今季最高位。ちなみに過去に2度シングル入りしたことがあるけれどいずれも蔵王。
竹田歩佳は日本ラウンド4戦すべて見事に予選通過を果たしたけど、いずれも2本目に進むことはできなかった。