スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

FISスキーフライング世界選手権2016タウプリッツーバートミッテルンドルフ 団体

ノルウェー 圧勝で5大会ぶりの団体金メダル

2016年1月17日(日)タウプリッツーバートミッテルンドルフ(AUT)HS225/K200

金 ノルウェー 1467.7pt(725.0pt 1位 742.7pt 1位)
  ファンネメル(185.9pt 2位 191.6pt 2位)
  フォルファング(187.5pt 1位 171.7pt 1位)
  タンデ(176.7pt 2位 185.0pt 1位)
  ガングネス(174.9pt 4位 194.4pt 3位)

銀 ドイツ 1357.3pt(658.3pt 3位 699.0pt 2位)
  ヴェリンガー(161.8pt 5位 158.5pt 6位)
  ライエ(121.0pt 6位 170.9pt 2位)
  フライターク(183.5pt 1位 171.8pt 2位)
  フロイント(192.0pt 2位 197.8pt 2位)

銅 オーストリア 1310.4pt(691.8pt 2位 618.6pt 3位)
  クラフト(194.1pt 1位 202.8pt 1位)
  ポッピンガー(176.1pt 2位 110.9pt 6位)
  フェットナー(142.8pt 4位 112.3pt 4位)
  ハイベック(178.8pt 3位 192.6pt 4位)

4 スロベニア 1272.7pt

5 ポーランド 1211.9pt

6 チェコ 1018.4pt

7 フィンランド 721.6pt

8 ロシア 707.5pt

 


 

前回大会(2014年)は悪天候で中止となったフライング選手権団体。
ノルウェーは2006年バートミッテルンドルフ大会以来5大会ぶり金メダル。
ドイツは2012年ビケルスン大会に続き銀メダル。
2008年オーベルストドルフ大会から続いていたオーストリアの連覇は3でストップした。
日本はエントリーしていない。

 

なお、2004年プラニツァ大会から採用された団体戦は、これまでノルウェーとオーストリアしか金を取っていない。