スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2014/15 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第5戦オーベルストドルフ

イラシュコ・シュトルツ今季初優勝 総合で首位沙羅に肉薄

2015年1月24日(土)オーベルストドルフ(GER)HS106/k95

① ダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(AUT) 245.2pt(101.0m 95.0m)
② カリーナ・フォークト(GER) 237.7pt(96.0m 95.5m)
③ 高梨 沙羅(クラレ) 232.1pt(96.0m 95.5m)

9 伊藤 有希(土屋ホーム) 205.0pt(91.0m 84.0m)
11 勢藤 優花(旭川龍谷高校) 202.2pt(93.0m 88.5m)
12 岩渕 香里(松本大学) 201.1pt(88.5m 89.0m)

予選不通過 山田 優梨菜(白馬高校)

 



おや? 元康さんが解説。
そうか、のへ氏はスロバキア遠征だ。
元康さんの解説はお堅いNHKよりもJスポで吉田さんとダラダラやってる(いい意味で)のが楽しいんだけどなぁ。

 

さて、さすがにオーベルではそこそこ観客も入っていてまずは一安心。
しかし、安心できないのは沙羅も有希も今一つパリッとしないところ。
特に沙羅は上二人とほとんど条件変わらないのにね。
まぁ、3位で「心配」とか言っちゃうのもかわいそうなんだけど。
逆に勢藤と岩渕がしっかりと戦えてきているのが収穫。