スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

スキージャンプFISグランプリ2022男子個人第1戦ヴィスワ

サマー開幕戦は夏男クバツキがHSオーバーで大逆転優勝

2022年7月23日(土)ヴィスワ(POL)HS134/K120

1st Grand Prix Competition

1 ダヴィド・クバツキ(POL)261.3pt
2 カミル・ストッフ(POL)254.2pt
3 カール・ガイガー(GER)252.5pt
 
14 中村 直幹(Flying Laboratory SC)228.9pt
22 小林 潤志郎(雪印メグミルクスキー部)222.7pt
26 佐藤 慧一(雪印メグミルクスキー部)217.4pt
29 清水 礼留飛(雪印メグミルクスキー部)213.4pt
36 渡部 陸太(東京美装グループスキー部)95.8pt
41 藤田 慎之介(東海大学)85.9pt

予選リザルト オフィシャル リザルト


クバツキが1本目8位から大逆転で勝利をつかんだ。

それにしてもクバツキは夏に強い。ワールドカップの5勝に対してグランプリは12勝。
この日も、他の選手が誰も130mを超えてこない中で、だた一人ヒルサイズオーバーの大ジャンプを見せた。テレマークは少し怪しかったようにも見えたが、見事な大ジャンプにジャッジも思わず19点を並べてしまったか。

フルメンバーを揃えたポーランドはトップ10に7人が入った。
他国がメンバーを抑えた中でのこととはいえ、久しぶりに強いポーランドの姿を見せてくれたことは素直に喜ばしい。

日本勢は、中村直幹、小林潤志郎、佐藤慧一、清水礼留飛の4名がポイント獲得。