スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2019 FISグランプリジャンプ 男子団体第2戦ザコパネ

日本 GP団体戦としては20年ぶりの勝利

2019年8月17日(土) ザコパネ(POL)HS140/K125 

6th Grand Prix Competition 

1日本961.9pt
中村直幹、佐藤慧一、佐藤幸椰、小林潤志郎
2ポーランド951.1pt
ジラ、ヴォルネ、ストッフ、クバツキ
3ノルウェー931.2pt
グラネルド、ペデルセン、リンビーク、フォルファング
 
4ドイツ 
5スロベニア 
6オーストリア 
7スイス 
8ロシア 

オフィシャル リザルト


 

GP団体戦での日本の勝利は1999白馬以来となる20年ぶり2回目。
サマー大会とはいえ、平均年齢24歳の若いチームが素晴らしい仕事をやってのけた。
個人戦もこの調子でいってもらいたいね。

 


 

ところで、8月15日にマーレン・ルンビーがリレハンメルで練習中にアプローチを滑り落ちて怪我をしたというニュースが飛び込んできた。
検査の結果、大事には至らなかったと発表されたけれど、GP最終戦となる18日の第3戦の欠場が決定。

 

2戦2勝でスタンディングトップの高梨沙羅は当初の予定通りに2戦を終えて帰国済。
高梨は、自身の総合優勝の行く末を国内で見守ることとなっていたのだが、そこで知ったのがルンビー離脱のニュース。このニュースはつまり、高梨に対し75点差の2位につけていたルンビーの総合優勝の可能性が消えたことを意味する。

 

ニカ・クリズナーとウルサ・ボガタイの二人が高梨に対し100点差の3位に付けているが、この両者は勝てばポイントで高梨に並ぶが、勝利数で及ばないので総合優勝の可能性は既にない。
よってルンビーの欠場が決定した瞬間に高梨沙羅の8年連続8回目のGP総合優勝は決まっていたことになる。

 

 

コメント