スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018/19 FISスキージャンプワールドカップ女子個人第11戦ルシュノフ

ルンビ 3連勝で総合トップに再浮上

2019年1月27日(日) ルシュノフ(ROU)HS97/K90 

13th World Cup Competition 

 マーレン・ルンビ(NOR) 247.6pt 93.0m 96.5m
 カリーナ・フォークト(GER) 240.3pt 94.0m 94.0m
 ユリアーネ・ザイファルト(GER) 237.8pt 95.0m 90.0m
 
7 高梨 沙羅(クラレ) 230.3pt 89.0m 93.5m
16 丸山 希(明治大学) 197.6pt 83.5m 87.0m

オフィシャル リザルト


 

ルンビが3連勝でこの日5位だったアルトハウスを抜き総合トップに再浮上した。
ルンビがトップに立つのは今季第2戦終了時点以来。アルトハウスとの間に最大122ptの差があったが、ついにひっくり返しイエロービブを獲り返した。

 

今季2度目の表彰台となったフォークトが2位。
1本目でトップに立つも逆転を許したザイファルトが今季4度目の表彰台となる3位。

 

なお、ここルシュノフで休養を取りやめ急遽参戦したアバクモワはこの日もしっかりポイントゲット。
この後は、シーズン最後のロシアでの4戦のツアー”BLUE BIRD”にのみ参戦するらしい。