スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えします

2018/19 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第12戦バルディフィエンメ

小林陵侑 WC6連勝で最多記録に並ぶ

2019年1月12日(土) バルディフィエンメ(ITA)HS135/K120

15th World Cup Competition 

 小林 陵侑(土屋ホーム) 315.0pt 135.0m 136.0m
 ダヴィド・クバツキ(POL) 288.5pt 122.0m 131.5m
 カミル・ストッフ(POL) 282.9pt 121.5m 133.5m
 
16 佐藤 幸椰(雪印メグミルク) 264.9pt 118.0m 125.0m
21 小林 潤志郎(雪印メグミルク) 256.3pt 119.5m 123.5m
=36 伊東 大貴(雪印メグミルク) 109.8pt 108.0m 
=36 中村 直幹(東海大学) 109.8pt 109.0m 
44 葛西 紀明(土屋ホーム) 104.7pt 108.0m  
  栃本 翔平(雪印メグミルク) 予選落ち   

予選 リザルト オフィシャル リザルト


 

またひとつ、小林陵侑が偉大な記録に並んだ。
WC6連勝。これはWCにおける最多連勝記録であり、ヤンネ・アホネン(FIN)、マッチ・ハウタマキ(FIN)、トーマス・モルゲンシュテルン(AUT)、グレゴア・シュリーレンツァウアー(AUT)の4人に並ぶ記録。

 

陵侑は今季・通算9勝目。
ジャンプ週間の勢いそのままに、この日も2位に26.5ptの差をつける圧勝。
特に2本目は、上位陣の中で一人だけ一段低いゲートからto beatラインを軽々と越えてHSオーバー。しかもテレマークもバッチリと決めてみせる圧巻のパフォーマンス。(最後にちょっとコケたけど…)

 

クバツキは2戦連続の2位で今季3度目の表彰台。
バルディフィエンメでのWCは2011/12シーズン以来だが、その時の勝者であり、また当地での2013世界選手権LHの金メダリストであるカミル・ストッフが今季3度目の3位で4度目の表彰台。

 

なお、COCでの栃本翔平の好成績により日本はこのピリオドからWC出場枠を7に増やした。
で、その1枠にはもちろんとっちーが収まった。
でも残念ながら予選落ち。

 

 

コメント