スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018 FISグランプリジャンプ 女子個人第5戦チャイコフスキー

高梨沙羅 GP総合7連覇

2018年9月9日(日) チャイコフスキー(RUS)HS140/K125 

6th Grand Prix Competition 

 エマ・クリネッツ(SLO) 130.8pt 133.0m        m
 マーレン・ルンビー(NOR) 121.8pt 131.0m m
 高梨 沙羅(クラレ) 117.0pt 128.5m m
 
12 丸山 希(明治大学) 93.7pt 119.5m m
19 御家瀬 恋(イトイ産業)76.7pt108.0mm
23 茂野 美咲(CHINTAIスキークラブ) 68.2pt 103.0m m
25 五十嵐 彩佳(札幌大学)62.7pt102.0mm
27 鴨田 鮎華(下川商業高校)57.3pt98.0mm

オフィシャル リザルト


 

高梨沙羅が、最終戦を残してGP総合優勝を決めた。
沙羅のGP制覇は、女子GPが始まった2012年からの7年連続7度目。
GPスタンディング(個人第5戦終了時点)

 

丸山希は今季3度目のポイントゲットにして自己最高位。
御家瀬恋と五十嵐彩佳は、GP初出場で初ポイント。
茂野美咲は、GPでは2016チャイコフスキー以来2年ぶりのポイントゲット。
WCでは既に2018札幌大会に出場している鴨田 鮎華は、GPとしては初出場で初ポイントゲット。

 

エマ・クリネッツは、2013クーシュベル以来5年ぶりとなる2勝目。
なお、試合は悪天候のため2本目はキャンセル。

 

 

コメント