スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2014/15 FISスキージャンプワールドカップ男子個人第2戦ルカ

伊東大貴2位! 葛西紀明3位!

2014年11月28日(金)ルカ(FIN)HS142

① シモン・アマン(SUI) 284.1pt(139.5m 142.0m)
② 伊東 大貴(雪印メグミルク) 276.1pt(138.0m 137.5m)
③ 葛西 紀明(土屋ホーム) 270.5pt(131.0m 136.5m)

22 竹内 択(北野建設) 232.0pt(127.5m 123.0m)
38 小林 潤志郎(雪印メグミルク) 93.1pt(116.5m)

予選落ち 清水 礼留飛(雪印メグミルク)

 



ぎゃーっ、いっちゃったー!
最後のアマンの大ジャンプには悲鳴を上げたわ。
圧巻のヒルサイズジャンプ!

 

ハッリ・オッリの復活の舞台ともなったクーサモは前戦とは打って変わって冬景色。
そして、コーチの旗もたなびくかなり強めの向かい風。
そんな中、大貴が2位、葛西が5位で折り返す。
あぁ、今夜もワクワクが止まらない!

 

しかし、最後に夢を打ち砕いたのはシモン・アマン。
アマンの勝利は昨シーズンのジャンプ週間オーベルストドルフ以来かな。
久々に強いアマンを見た気がする。

 

優勝を逃したとはいえ大貴も葛西も素晴らしかった。
大貴の表彰台は昨年12月のリレハンメル3位以来。
日本人の複数表彰台はいつ以来?