スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2021 FISグランプリジャンプ女子個人第4戦フレンシュタート

高梨沙羅 今季初優勝 丸山希 自己最高2位

2021年8月15日(日) フレンシュタート(CZE)HS106/K95

4th Grand Prix Competition

1 高梨 沙羅(クラレ)251.9pt
2 丸山 希(北野建設)236.5pt
3 シリエ・オプセット(NOR)226.9pt
 
7 岩渕 香里(北野建設)202.9pt
8 伊藤 有希(土屋ホーム)198.4pt
17 勢藤 優花(北海道ハイテクAC)171.4pt

予選リザルト オフィシャル リザルト


前戦は足の不調を訴えて棄権した高梨沙羅が、圧勝で今季初優勝。GP通算26勝目。
これにより、3試合続いていたボガタイの開幕からの連勝が止まった。

開幕戦でWC・GP通じて初表彰台となる3位だった丸山希は、早くもその記録を更新。
これにより、ここに初めて高梨-丸山によるワンツーが実現した。

岩渕香里は、前戦4位に続くシングル。
伊藤有希は、4戦連続のトップ10圏内。

各国、フルメン参戦という状況ではないとはいえ、日本勢の好調は喜ばしい限り。
なお、この後、派遣メンバーが一部入れ替わることが既に発表されている。
http://www.ski-japan.or.jp/game/39204/

総合順位