スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018 FISグランプリジャンプ 男子個人第6戦白馬

小林陵侑2連勝 クリモフ総合トップに浮上

2018年8月25日(土) 白馬(JPN)HS131/K120 

7th Grand Prix Competition 

1 小林 陵侑(土屋ホームスキー部) 287.9pt 134.5m 131.5m
2 エフゲニー・クリモフ(RUS) 271.9pt 130.5m 131.5m
3 ダニエル・フーバー(AUT) 269.8pt 128.0m 133.0m
 
4 伊東 大貴(雪印メグミルクスキー部)267.8pt125.5m127.0m
11 栃本 翔平(雪印メグミルクスキー部) 250.0pt 127.0m 121.5m
13 竹内 択(北野建設スキー部) 243.3pt 119.5m 124.0m
19 岩佐 勇研(東京美装グループスキー部) 223.8pt 116.0m123.0m

オフィシャル リザルト


 

小林陵侑が連勝。
昨季のGP白馬大会では兄が2連勝を果たしたが、今季は弟がそれを成し遂げた。

 

2位のエフゲニー・クリモフは、この結果によりスタンディングトップに浮上。
3位のダニエル・フーバーは、ここまで全試合でポイントを獲得しておりスタンディングで5位につけている。

 

日本勢は前日の試合の上位5名が出場。
結果に関係なく強化指定選手を優先出場させるなんていう馬鹿げたことにならなくて良かったよ。