スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2015 FISサマーグランプリジャンプ男子個人第6戦白馬

作山憲斗が初優勝! 竹内択が2位!

2015年8月30日(日)白馬(JPN)HS131/K120

① 作山 憲斗(北野建設スキー部) 265.2pt(130.5m 127.0m)
② 竹内 択(北野建設スキー部) 253.5pt(128.5m 127.0m)
③ ヤクブ・ヤンダ(CZE) 245.2pt(125.5m 125.0m)

 

11 葛西 紀明(土屋ホームスキー部) 231.5pt(122.5m 120.5m)
12 原田 侑武(雪印メグミルクスキー部) 229.2pt(125.0m 120.0m)
23 伊東 大貴(雪印メグミルクスキー部) 197.9pt(118.0m 106.0m)
27 伊藤 謙司郎(雪印メグミルクスキー部) 188.1pt(113.5m 107.0m)

 



作山はWC・GPを通じて初優勝。
海外勢はフルメン参戦ではないとはいえ、トップに立つのは難しいもの。
心の底から「おめでとう!」と言いたい。
けれど、ワンツー決めたわりには北野建設スキー部HPはあまりにそっけない。

 

ところでヤンダの表彰台っていつ以来だろうか?