スキージャンプの結果を下手な写真でお伝えするブログです

2018 FISグランプリジャンプ 男子個人第3戦アインジーデルン

ストッフ開幕3連勝 ジラ同点でGP初優勝

2018年8月4日(土) アインジーデルン(SUI)HS117/K105 

4th Grand Prix Competition 

=1 カミル・ストッフ(POL) 267.3pt 114.5m 112.5m
=1 ピオトル・ジラ(POL) 267.3pt 115.0m 112.5m
 エフゲニー・クリモフ(RUS) 266.9pt 113.0m 116.5m
 
12 佐藤 幸椰(雪印メグミルクスキー部) 243.8pt 114.0m 106.5m
24 小林 潤志郎(雪印メグミルクスキー部) 231.3pt 112.0m 100.5m
28 原田 侑武(雪印メグミルクスキー部) 222.2pt 107.5m102.5m
36 中村 直幹(東海大学) 113.3pt103.0m 
44 岩佐 勇研(東京美装グループスキー部)104.3pt101.5m 

予選 リザルト
オフィシャル リザルト


 

ストッフが開幕3連勝。
団体戦での勝利も含めて負け知らず。

 

ストッフと同点となったジラはGP初優勝。
WCでは2012/13オスロで優勝を遂げているけれど、その時もシュリーリとの同点優勝。

 

ポーランドの表彰台独占を阻んだクリモフはGP通算3度目の表彰台。
4位ヤクブ・ヴォルネ、5位ダヴィド・クバツキ、9位ステファン・フラと、ポーランドはトップ10に5人を送り込んだ。
個人的にはロマン・コウデルカの6位がうれしい。

 

原田侑武が今季初ポイント。
岩佐勇研が今季初の予選通過。